12/30/2007

400戦

Yahoo! Japan のチェスで400回対局しました。

10月8日の300戦の時のレーティングは1335

今現在 1374

あまり伸びていませんね・・・


最近はICCや Chess Corner でもやっているので、トータルではもっと回数が多いです。

Yahoo! での対局回数がひとつの区切りなので、これからも100回ごとにレポートしていきます。

Back-rank mate タイプ1

Black to move(黒先手)

Back-rank(第1か第8の横列)を利用したメイトはよくあります。私もよくやられます(汗)



1...Rc1!

2.Rxc1 f1=Q+

3.Rxf1 Rxf1#

この図では簡単に見えますが、実際のゲームでは他の駒との関係で複雑になります。

+ は check
# は checkmate

ダブルルーク ディフェンス

White to move (白先手)

1.Rd8+ に対し 1...Rxd8 は 2.Rxd8 でメイトになってしまいます。

1.Rd8+ に対し 1...Re8 ならメイトになりません。

ルークを戻して2つのルークで守る形を覚えておきましょう。

+ は check

12/29/2007

チェスプレイヤーさんに100の質問 (問題作成 カフェさん)

虹の塔」というサイトの Chess コンテンツに「チェスプレイヤーさんに100の質問」があり、面白かったので私もやってみました。

「虹の塔」の管理人 カフェさんの解答編はこちら
チェスプレイヤーさんに100の質問(カフェさん解答編)


- 基本編 -

1 あなたのHNを教えてください。
 チェスでは hitsujyun のHNを使っています。

2 チェスを始めたきっかけは何ですか?
 あるバーのマスターから教えていただきました。

3 チェス歴はどのくらいですか?
 2006年12月からですから、現在約1年です。

4 どうやってチェスを覚えましたか?
 初めは下記のチェスサイトで勉強させていただきました。
 「Aqua's Chess Laboratory - あくあのチェス研究室」
 「シームの頭脳フル回転」
 「チェス入門」
 その後「ボビー・フィッシャーのチェス入門」を購入して勉強しました。

5 普段、主にどこでチェスを指していますか?
 「Yahoo! (日本・USA)」「ICC」「Chess Corner」

6 主な勉強法は何ですか?
 チェスの洋書(携帯版の CHESS MASTER のプレイヤー VS プレイヤー モードを利用して実際に駒の動きを見ています)

7 師と仰ぐ人はいますか?
 今はまだいません。

8 あなたの周りに(ネット以外で)チェスができる人はいますか?
 私にチェスを教えてくれたバーのマスター。

9 好きな駒は何ですか?
 Knight。初めの頃はナイトの動きに何度も翻弄させられていましたが、最近は自分の方がフォークをよく使うので。

10 一日平均何試合くらいしますか?
 バラバラですね。少ないときは1,2ゲーム。多いときは20ゲーム以上(12時間ぐらいずっとやっていることもあり・・・ 汗)。


- ルール編 -

11 ブリッツは好きですか?
  苦手ですが、最近は ICC で 2/12 の Blitz をやる事が1番多いです。

12 一番得意な持ち時間はどれくらいですか?
  10/10 ぐらいがいいようです。

13 制限時間は有った方がいいと思いますか?
  あった方がいいと思います。相手を待たせ過ぎるのも悪い気がしますが、待たされすぎるのも嫌なので・・・

14 ステイルメイトをするのとされるの、どちらが多いですか?
 同じぐらいです。

15 アンパッサンについて、どう思いますか?
  隠し味のような存在。

16 ルールを変更し、引き分けを極力少なくしたほうがいいと思いますか?
  思いません。引き分けがあるから、劣勢でも楽しめます。

17 一般的な駒価値(P=1 B=3 N=3 R=5 Q=9)は適正だと思いますか?
  普段駒価値を数値で考える事がありませんのでよくわかりません。

18 2手指しをしてしまったことはありますか?
  2手指しとは? 連続して同じ駒を2度動かすことでしょうか・・・?

19 将棋は指しますか?
  以前は少しやっていました。

20 将棋とチェス、どちらを先に覚えましたか?
  将棋。15年前くらいに。

21 変則チェスに興味はありますか?
  少し興味はありますが、今はノーマルで十分です。

22 駒落ちチェスをしたことがありますか?
  ないです。

23 団体戦をやってみたいと思いますか?
  今は思いません。

24 ペア将棋のように、2対2で交互にチェスをやってみたいと思いますか?
  2対2は面白そうですね、やってみたいです。


- 勉強編-

25 勉強は本で?実戦で?
  主に本です。いろんな方のホームページも勉強になります。

26 使いこなせる定跡は、いくつ位ありますか?
  使いこなせるというレベルの定石はないです(汗)

27 次の一手を解くのは好きですか?
 本でやるのは好きです。エンドゲームの本でよくやります。

28 次の一手を作ったことがありますか?
  ありません。

29 プロブレムを解くのは好きですか?
  好きですね、簡単すぎず、難しすぎないのがいいです^^;

30 プロブレムを作ったことはありますか?
  ないです。

31 プロブレムは、何手メイトが適正だと思いますか?
  2、3手メイトぐらいがいいです。それ以上は難しいです・・・

32 プロブレムは作る方ですか?解く方ですか?
  解く方です。作る日がくるだろうか・・・?

33 ある程度、棋譜が読めますか?
  実際に駒を動かしてなら。

34 感想戦をやりますか?
  誰かとやった時はないです。負けたゲームの研究を時々やります。

35 人の試合を観戦したりしますか?
  強い人とか、ICC で IM や GM のゲームを時々見ます。

36 むしろ観戦病ですか?
  いえ。

37 JCAに入会していますか?
  してません。

38 チェスの部活・サークルに入会していますか?
  してません。

39 チェスの段位を持っていますか?
  持っていません。

40 将棋が強い人は、チェスも強いと思いますか?
  思います。ただチェスに関して勉強は必要だと思います。


- 思考編 -

41 白と黒、どちらが好きですか?
  黒の方が多いので黒の方が得意です。

42 あなたのタイプは、攻撃?守備?
  バランス型を目指します。攻めも面白いですが、相手の厳しい攻めを守りきった時はもっとうれしいです。「相手を徐々に無力化していく」というようなスタイルに魅力を感じます。

43 考えて指しますか?勘で指しますか?
  考えて指します。考えるのがチェスの面白さのひとつです。悲しい事に勘が働くことはほとんどありません(T▽T)

44 何手位まで先を読みますか?
  1、2手ぐらいですね・・・

45 いつも集中して指せますか?
  始めは。集中力が途切れてきたらやめます。

46 お勧めのチェスソフトはありますか?
  携帯電話用の「CHESS MASTER」 本を読んで実際に駒を動かしたい時に重宝しています。簡単に前の手順に戻れるので、いろんな手順があっても駒を並べ返す苦労がありません。

47 人間相手とコンピュータ相手、どちらが好みですか?
  やはり人間の方が面白いです。チャットで話せたりもできますし。

48 人間とコンピュータ、どちらが強いと思いますか?
  技術の進歩で、人間とは言い切れなくなってくるのではないでしょうか。

49 頭が良くないと、チェスはできないと思いますか?
  思いません。チェスで頭が良くなったらいいですね^v^


- 試合編 -

50 序・中・終盤、得意な局面・苦手な局面は?
  序盤有利でも中盤から終盤になり逆転される事が多いです。

51 白番の時、初手は何を指しますか?
  d4, e4 これから Nf3 を勉強していきます。

52 よく使う定跡は何ですか?
  Queen's Gambit

53 使って欲しくない定跡は何ですか?
  Ruy Lopez これで勝ったという印象がないので。

54 始めたばかりの頃は、初手はルークの前のポーンを進めてませんでしたか?
  コンピューターの見おう見まねで e4 か d4 を使っていましたが、その後の手順は全くわかりませんでした^^;
  ルーク前のポーンを進めるのは対戦相手の方がよくやってますね(将棋をする人?)

55 初心者さんを相手にするとき、手加減しますか?
  しません。長引かせたくないので。

56 ハメ手は使いますか?
  ハメ手を知らないので使いません。

57 o-oとo-o-o、どちらの使用頻度が高いですか?
  o-o

58 クイーン以外にプロモーションしたことはありますか?
  ないです。エンドゲームの本ではナイトやルークにプロモーションするときがありました。

59 エンディングまでいくと、ポーンエンドになる方ですか?
  ルークが残っていることが多いです。

60 異性と試合をしたことはありますか?
  はい。

61 対戦相手は同性と異性、どちらがいいですか?
  どちらでも可。

62 試合中に寝てしまった経験はありますか?
  ネット対戦がほとんどなのでありませんが、パソコンの前で寝てしまうことはあります zzZ

63 一番長かった試合は、何分ぐらい掛かりましたか?
  1時間ぐらいだったと思います(ネットで)。


- ネット編 -

64 オンラインチェスをやりますか?
  よくやります。

65 よく行くチェスサイトは?
  「ICC」「Yahoo! Japan, USA」「Chess Corner」

66 どういう人と対戦したいですか?
  同じぐらいのレーティングの方。礼儀がある方。

67 どういう人と対戦したくないですか?
  悪口を言う人。

68 試合前に、きちんと挨拶をしますか?
  はい。

69 挨拶を返してくれない人をどう思いますか?
  あまり気にしませんが、挨拶をする人の方が断然好印象です。

70 引き分け願いを連打する人をどう思いますか?
  状況が五分五分ならわかりますが、こちらが有利なら「ずるいなぁ」と思います。

71 オンラインチェスで、荒らしさんが出没したらどうしますか?
  相手にしたくないです。

72 あなたのHPに、チェスのコンテンツはありますか?
  そのものです。

73 チェスをしながら、チャットでナンパする人はどう思いますか?
  そういう人いるんでしょうか・・・

74 まさか、ナンパのためにチェスをやったりしていませんか?
  まさか。


- 日常編 -

75 あなたにとって、チェスにおけるライバルは?
  ライバルと呼べるような人はいません(私自身強くないし)。

76 あなたにとって、チェスにおけるバイブルは?
  今のところ「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」

77 チェスを通じて知り合った人はどのくらいいますか?
  チェスを通じて知り合った人はまだいないですね。

78 チェスプレイヤーとして、目標としている人はいますか?
  今のところいません。

79 誰かにチェスを進めたりしたことがありますか?
  チェスのことを話していたら、面白さは伝えます。

80 もしかして、チェスの駒をコレクションしたりしていませんか?
  してません。ほこりをかぶってしまいそうなので^^;

81 むしろ、チェスのボードをコレクションしたりしていませんか?
  してません。なかなか機会がありませんが、ネットではなく本物のチェスボードで対局するのもいいですね。

82 実はGM狙ってたりします?
  少年よ大志を抱け!

83 チェスはインドアスポーツだと思いますか?
  スポーツというと体を動かすイメージがあります・・・


- 人生編 -

84 あなたにとってチェスとは?
  楽しみ。

85 趣味はチェスですと、胸を張っていえますか?
  イエッサー ∠(^^)

86 日本でチェスが将棋並みに流行るのは、何年先になると思いますか?
  将棋並に流行るのは難しいかも・・・
 
87 全人類チェスプレイヤー化計画が発足したら、参加しますか?
  しないと思います。

88 自分をチェスの駒に例えると?
  ルーク 猪年なので。
  ルークの使い方は難しいですね(まだ勉強不足です)。

89 生まれ変わっても、チェスをやりますか?
  やるでしょう。

90 生まれ変わるなら、チェスの駒になりたいですか?
  「いや、それは勘弁だ。(カフェさん)」その通り^^

91 あなたの持っているチェスセットのお値段は、ずばりおいくら?
  確か1500円ぐらいのマグネット式ボード
  エンドゲームの勉強に重宝してます。本式なやつもそろそろ欲しいところですが、対戦相手が・・・
 
92 自分の子供にもチェスを教えたいですか?
  教えてと言われたら教えるでしょう。自分の父親が囲碁をやるのですが、子供の頃教えてといっても教えてくれず、だったらいいやという悲しい?記憶があります。でもその前に子供がいないとね。

93 自分ってホントにチェス好きなんだなぁ・・・と思ったことはありますか?
  好きというよりはまり過ぎと感じる事多々あり。

94 チェス最高!!と思う時はどんな時ですか?
  相手と接戦しているゲームの時。

95 チェス最低!!と思うことはありますか?
  Naidesu.

96 チェスを通じて得たものはありますか?
  ストレス解消。英文を読むのに抵抗がなくなりました。海外の人とチャットできること。

97 チェスを通じて失ったものはありますか?
  睡眠時間。食事(食事もしないでゲームにはまる時あり・・・)。

98 100万円あげるからチェス止めろ、と言われたら止めますか?
  1億円もらったらやめます。

99 死ぬまでチェスを続けますか?
  していそうです。

100 お疲れ様でした。最後に一言、ご自由にどうぞ。
  結構時間がかかりましたが楽しかったです。よろしければあなたもぜひ!^^

12/28/2007

1.Nf3

「 Winning Chess Openings 」の本を7月から読み始め、やっと終盤に入って来ました。

これまでこの本で学んだオープニング、ディフェンスを試しながらゲームをしてきて、勝ったり負けたりしましたが、いろんなオープニングやディフェンスを学ぶことができて、為になるだけでなくとても面白かったです。

前置きが長くなりましたが、今まで 1.e4 もしくは 1.d4 がほとんどで、 1.Nf3 の手はまったく使っていませんでした。

1.Nf3 の指手がよく使われているのは知っていましたが、その後どう指すかはわからなかったので使っていませんでした。今やっと 1.Nf3 の手順を勉強しているので早速この手を使いゲームをしています。

手応えはというと・・・


まだ、臨機応変に指せないでいますが好感触です。

これからしばらくはこの手を使うことが多くなりそうです。

Yahoo! Chess でゲームの再現

Yahoo! のチェスで棋譜をメールで送信できるのは知っていましたが、今終了したゲームの再現ができることに今日気づきました。

ゲームが終了した後、棋譜のところをクリックすると各手順の場面に画面が切り替わります。

ゲームが終了してしばらくその場面を見ていたいときや、各手順を見直したいときに便利です。

相手がテーブルを立ったら、テーブルのタイプを非公開にすればゆっくりと各手順を見直すことができます。

12/21/2007

通信チェス

先日の記事で Chess Corner のサイトをご紹介しましたが、そこのサイトで通信チェスができます。

通信チェスは今までやったことがなかったので、興味はありましたが手がでない状況だったのですが、ある人( UK の女性の方 Rating 1700)が対局を申し込みしてきました。

良い機会なので早速対局を引き受け現在3手目までやっています。感想は、日数単位の持ち時間なので1手1手ゆっくり落ち着いて次の手を考えることができてなかなか良いです^v^

また普段ネット上の対戦ではチャットができてもゲームに集中していると落ち着いて話せませんが、通信チェスならチャットもゆっくりと文章を考えて、相手と交流することができ、これもまた楽しいです。

とりあえず1日1手ののんびりペースでゲームを楽しもうと思います。


考える時間が多いということは、本を読んだり、コンピューター利用もできてしまうのですが、調べることが勉強になるという考えのようです。ですが私はできる限り、本やコンピューターに頼らず自分の考えのみで指していきたいと思います。


通信チェスに関して下記の記事が、通信チェスの魅力を十分に伝えられているので紹介させていただきました。

通信チェス - 国際通信チェスのおすすめ

ICC での成績と自己紹介ページ

Look Up (Finger) Player hitsujyun

ICC (THE INTERNET CHESS CLUB) での成績と自己紹介ページをサイドバーの LINK へ追加しました。

ICC で以前は、15分の持ち時間でやることがほとんどでしたが、最近は2分持ち時間の1手ごとに12秒追加の Blitz でやることが多いです。

私は考えるのが長い(遅い?笑)ので15分の持ち時間でも時間切れで負けることも多いですが、持ち時間2分で1手ごとに12秒追加の Blitz の方が意外と時間切れになることが少なく、面白いので最近よくやってます。

12/19/2007

マウスオーバー辞書の活用

チェスにはまってくると洋書を読み始めたり、海外サイトを見る場合もでてくると思います。

海外サイト(英語)を見る場合、わからない単語があった場合いちいち辞書を引くのは面倒ですね。こんな時に役立つのが「マウスオーバー辞書」です。

Internet Explorer などのブラウザに追加できる「Google ツールバー」に付属している機能です。

これは単語の上にマウスポインタを重ねると、その単語の和訳が表示されるものです。結構便利で重宝しますよ!

12/17/2007

良いサイトを見つけました。

前の記事で「焦点の歩」のような手について述べましたが、将棋には格言があって結構それが役立ちます。

チェスにも格言のようなものがまとまって紹介されていないかと調べてみたところ・・・下記のサイトを見つけました(英語サイトですが知っている人には有名なサイトなのでしょう)。

Chess Quotes - Chess Corner

Chess Corner というサイトにあるコンテンツのひとつです。

Chess Corner は他にもいろいろと役立ちそうな内容が多いです。サイドバーの方へリンクを追加しました。

12/16/2007

「焦点の歩」のような手

将棋の方はかなり前に少しかじった程度なのですが、将棋の格言に「焦点の歩」というものがあります。

将棋の格言 - Wikipedia
焦点の歩【しょうてんのふ】
ある地点に敵駒の利きが複数あるとき、そこに歩を打つことによって敵駒の利きを限定させることができるから有効なことが多いということ。


チェスの Endgame 問題をやっていて、「焦点の歩」のような手を指すと有効な場合があります。

チェスの場合は「歩」に似た役割をするポーンがありますが、必ずしも「焦点のポーン」となるわけではなく、あるマス目に相手の駒の利きが複数あるとき、そこに駒を打つことによって相手の駒の動きを制限させることができる場合があります。


「焦点の歩」のような Tactic (戦術)はチェスでは何と言うのかな~?

以下参考例です。



( Neikirch - Botvinnik, 1960 )

Black to move(黒先手です)

解答はコメント欄に記載します。

12/15/2007

ランキング

FIDE のウェブサイトで現在のTop 100 Players と Country Top 100 and Stats( Stats = Status 統計データ )を見ました。

FIDE Top players and Statistics

ロシアが圧倒的に GM(グランドマスター) や IM(インターナショナルマスター)が多いですね。アジアでは中国が現在8位です。

気になる日本は・・・現在86位。やはり将棋をする人の方が多い影響でしょうか?
日本では将棋の羽生善治さんが現在1位となっています。

チェスが日本でもっと人気が高まって世界的にも上位に入るぐらいになってほしいものです。チェスの面白さを知ったら結構はまると思うんだけどな~(実体験^^)

12/14/2007

Rating 1800 Jennifer

ICC Dasher のコンピューターで Rating 1800 の Jennifer と初対戦しました。プロフィール画像は Cute girl で好感が持てますが^^; チョー強かったです。

携帯版のチェスマスターの名人レベルと初対戦したとき、「チョー強えぇ!」と思ったのを思い出しました・・・

深夜の時間はしばらくこの Jennifer 相手に頑張ります。


追伸: Rating 1600 の Peter は1度勝っただけで圧倒的にこちらが負けてばかりなのですが、1度でも勝ったら次のレベルへ進もうと思います。実際に人が相手だと高レーティングの方にこちらから対戦を申し込むのは恐れ入るのでできませんが、コンピューターとなれば気軽に対戦できて勉強になりそうです。

12/12/2007

日本出身のGM

先日 chessgames.com の Player of the Day に Hikaru Nakamura の名前がありました。名前からして日本人?と思い調べてみると、

ヒカル・ナカムラ - Wikipedia

1987年、日本人の父とアメリカ人の母との間に日本の大阪府枚方市で生まれる。2歳の時母親に連れられて渡米、義理の父親であるスリランカ人 FIDEマスター (FM) Sunil Weeramantry の指導でチェスを始めた。


とありました。

7歳で本格的なチェスのトーナメントに出場し始める。


7歳といったら、小学校2年生!

2003年には GM の称号を獲得。当時ボビー・フィッシャーの保持していた記録を3ヶ月更新してアメリカ史上最年少の GM となった。


しかもグランドマスターです。GMですごいなと思う気持ちと、日本出身なので親しみがわきます。今後の活躍を応援したいです。


The chess games of Hikaru Nakamura

12/10/2007

X-ray attack

Endgame の問題を解いていて何度か X-ray の言葉がでてきたので気になり、調べました。

「 X 線状に駒が動いて何かをするのかな?」と思っていたのですが、チェス用語小辞典(英和)さんのサイトではっきりとわかりました。

X-ray attack はエックス線が物質を通過して内部を表すように(そっちのエックス線ね^^)、自分の駒が相手の駒の後方に通過するのを見透かして行う戦術でした。

実際に駒を配置して見るとよくわかります。チェス用語小辞典(英和)さんの X-ray の例がわかりやすいですが、X-ray (chess) - Wikipedia でもなんとなくわかります(英語です)。

相手の駒の後方に通り抜けることをイメージして観ましょう。

12/05/2007

終盤に弱い

コンピューターと対戦するのはほとんど携帯版の CHESS MASTER ぐらいでしたが、最近 ICC Dasher のコンピューターと対局するようになりました。

人と対戦する方が面白いですが、コンピューターが相手だと深夜とかでも気にせず気軽に対戦できるのでいいです。

今はレーティング1600の Peter とやっているのですが、序盤から中盤にかけてはこちらが駒得して有利なのですが、終盤急に Peter が強くなり、時間切れでこちらが負けてしまいます。

Peter 終盤に強し!

というか私が終盤に弱いのでしょう。

Peter は初めに相手を有利にさせておき、終盤に近づくにつれて本領を発揮するので、なんだかビリヤードのハスラーみたいです。

今度は勝つからな~

12/02/2007

棋譜を残そう

ICC で対局したゲームは棋譜が自動で残ります(有料のみ?)。ですが Yahoo! で対局したゲームはメールで棋譜を送信しないと棋譜が残りません。

Yahoo! でゲームをした場合、勝っても負けても後々「棋譜をメール送信しておけば良かった」と思うことがよくあります。

これからはとにかくどんなゲームでも棋譜をメール送信するようにしようと思います。


今日 Yahoo! U.S. の方でゲームをして負けそうだったのですが、何とかねばって守り、最後は相手の時間切れで私が勝ちました。時間切れで勝ってもそんなにうれしくはないのですが、相手がもう勝ったと思ったのか「Where will you go?」とか言ってきました。その後時間切れで相手が負けたのですが・・・

対局後こちらは「gg」(good game お互いをたたえ合う意味)と打ったら、相手は「cheater」と打ってきました。

「cheater」? チーターのようにねらった獲物は逃がさない、執拗に追いつめるという意味か?などと思ったのですが調べたら

cheater
1.欺く人、詐欺師{さぎし}
2.〈米俗〉メガネ

「詐欺師!」「このメガネ野郎!」

とか言いたかったのでしょうか?

うれしくはありませんが、英語の勉強になりました(T▽T)

負けたゲームの研究(久々に)

序盤ですぐに形成不利になったので、負けたゲームの研究を久々にしました(当然、久々に負けたわけではありません 笑)。

自分自身の考えだけではたかが知れているので(汗)、今回も chessgames.com の Opening Explorer と ICC Dasher の Examination Mode を利用しました。

まずはどのような場面で負けたかと言うと


白:相手  黒:私
1.e4 Nc6
2.Nf3 d6
3.Bc4 Bg4
この 3... Bg4 が良くなかったです。



4.Bxf7
相手の方は急所をよくご存じです。
隙が見えるというのでしょう(汗)



4.Bxf7 Kxf7
5.Ng4

黒はキングを動かしてキャスリングできなくなり形成不利になってしまいました。

ではどうすれば良かったでしょう?




まずは
1.e4 Nc6
2.Nf3
の場面ですが



ここは
2... d6 よりも
2... e5 と指す手が圧倒的に多いです。



2... d6 と指した場合は
今回のように
3.Bc4 よりも
3.d4 と指す手が圧倒的に多いです。
携帯版のCHESS MASTERでもコンピューターがいつもこの手を指すので
3.Bc4 に対するベストな手がわかりませんでした。



1.e4 Nc6
2.Nf3 d6
3.Bc4
に対しては
3... Nf6 がベストなようです。

また、同じ場面に遭遇しないと忘れてしまいそうですが勉強になりました。

11/21/2007

通信速度向上

本日ADSL12Mから50Mへ無事変更しました。

特別速いという感じはしませんが、インターネット対戦をするのに問題はなさそうです。

Yahoo! Japan のチェスで試しに2局、ICCで1局・・・問題なし p(^^)q

これでまたインターネットで楽しくチェスをすることができるようになったのでうれしいです。

鈍った勘を取り戻せねば!!

11/20/2007

中盤の課題

序盤から中盤までは比較的いい感じで進むのですが、たいてい途中で良い手が見当たらず、コンピューターが指す手に負けてしまいます。

自分のパソコンの通信速度が最近遅いので、インターネットでは対戦せず、主に携帯版CHESS MASTER でゲームをやっています。そのうちADSL12Mから50Mへ変更するので通信速度が改善されるといいのですが・・・・

それでも今日は携帯版CHESS MASTER の名人レベルに久々に勝ちました。
棋譜はこちら

勝てるときは良い手が続くものですね。一手一手コンピューターの反撃を警戒しながら指しました。

11/16/2007

解答に至るまでのアイデア

「 Chess Training Pocket Book 」の本を楽しく読み続けています。

たいてい寝る前に布団の中で読んでいるのですが、眠くなってしまいそのまま寝てしまうこともしばしば・・・^^;

今はまだ24問目までやったところですが、ただ単に問題を解くのではなく「どのようなアイデアを使ってチェックメイトへ持って行くか」を再度見直そうと思いました。

また1問目へ戻って、解答へ至るまでのアイデアをまとめようと思います。

解答へ至るまでどのように考えていったらよいか・・・

これからそれを見ていくので、そのアイデアがまとまり次第また記事にしたいです。

11/10/2007

通信切断

最近忙しかったので久しぶりに Yahoo! Japan で対戦しましたが、だいぶ勘が鈍りました。

定期的に対戦しないとダメですね。

それにしてもこのごろ インターネットでチェスを対戦していると、通信切断してしまうことが多いです。

せっかく楽しんでいるところを通信切断でゲームを台無しにされると頭にきます。落ち着いてゲームができません。

またテーブルに戻っても、持ち時間が大幅に減少していたり、集中力がとぎれるのでまったく話になりません。以前はこんなに頻繁に通信切断されることはなかったのにな~。どうしてだろ???

対戦相手の方にも申し訳ないです。

11/09/2007

覚えておきたい形


白がKe6 でオポジションをとったところです。


黒K がd8 または f8 に行ったら、すかざず 白K は7th ランクへ。
これでもう勝利確定です。

10/26/2007

Chess Training Pocket Book

Chess Training Pocket Book 300 Most Important Positions and Ideas, Lev Alburt

の本(洋書)を買いました。

評判がなかなかいいようなので欲しくなったのですが、内容が良く買って良かったです。

内容につきましては下記にてレビューを書きましたのでよろしければご覧ください。

amazon.co.jp-Chess-Training-Pocket-Book-Information

※アフィリエイトリンクではありません、念のため。


こちらはこの本の Amazon.com でのページです。英語になりますがレビューが多く見られます。

amazon.com Chess Training Pocket Book 300 Most Important Positions and Ideas, Second Edition Books Lev Alburt

10/22/2007

GAME 20

GAME 20


「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」の本に出てくる定跡・選抜20ゲーム

実際に駒の動きを見ることでより理解が深まると思い棋譜を再現しました。


20ゲームの棋譜は chessgames.com および チェス入門さんのスコアボードを利用させていただきました。

20ゲームの記事右下にある「ラベル 20ゲーム」をクリックすると全20ゲームの記事が見られます。本にある解説を見るとゲームに関する理解が深まります。




20ゲームの記事が終わりましたので、これからは「UNDERSTANDING CHESS MOVE BY MOVE」の本を読んで勉強したいと思います。

10/19/2007

CHESSMASTER 10th EDITION

Yahoo! オークションから「 CHESSMASTER 10th EDITION 」を購入しました(新品)。

9月中旬に購入したのですが、ほとんどやってません(もったいない)。


3,980円(送料別)で購入したのですが、内容に比べると本当にお買い得だと思います。ただし英語版ですから英語がある程度できないと厳しいかも知れません。チェスの性質上、駒の動きだけでもある程度わかりますが・・・


Play
Learn
Fun

の3つのモードがあり、さらに各モードにおいて以下の内容があります。

Play - Training mode. Ranked Play. Set Up Position. Tournaments. Online. Lan.

Learn - Academy. Famous Games. Datebase. Openings.

Fun - Learn Basics. Puzzles. Play.


私の場合チェスの本でじっくりと学ぶほうがあっているようなので、CHESSNASER を有効に利用していませんが、今後少しずつでも活用して行こうと思います。

英語の音声と英文表示の説明で英語の勉強にもなります!

10/17/2007

GAME 19

GAME 19

Richard Reti vs Efim Bogoljubov (1924)


1.Nf3 で始まるゲーム。自分ではまだこのオープニングを勉強していないので使えません。

Nimzo-Indian Defense と共に早く 1.Nf3 のオープニングも学びたいです。

10/13/2007

GAME 18

GAME 18


GAME20 まであともう少し!

これが終わらないとスッキリしないので、読みたい本に進めません。


このゲームのようにサクリファイスが見事に決まった時は最高の気分でしょうね!

連続7手チェック! 見事です。


サクリファイス、なかなか見つけることができません。私の経験や知識が足りないからでしょうが・・・

10/11/2007

GAME 17 ザイツェフの夢

GAME 17 ザイツェフの夢


チェス入門さんのスコアバンクで記譜を再現しました。

「ジャック・ピノーのダイナミックチェス入門」の本の中で紹介されているゲームです。


キャスリングしてない白のキングが最後は2つのルークに追いつめられていくところが可哀想でなんだか切ない感じがします・・・

24... Ne5

の後は白がどんな手を差しても

25... Nc4#

でチェックメイトです。

Chess Datebase

Chess Datebase


ONLINE でゲームを探すことができます。

詳しいやり方はわかりませんが、駒をドラッグして何手か指したあと Search をクリックすると右側にその手順に該当するゲームが表示されます。

見たいゲームを選択すると、画面の真ん中にそのゲームの棋譜が表示されます。Replay をクリックすれば自動で駒が動きます。

|<  <  >  >|

の記号をクリックすれば手順が追えます。


chessgames.com には Opening Explorer というものがあり駒の手順でゲームを検索することができるのですが有料です。

Chess Datebase の ONLINE DATEBASE は無料でゲームを検索できますからお得ですね!

このところ、何かの不具合かメンテナンスをしているのかわかりませんが、chessgames.com のサイトにアクセスできないことが多いので偶然 Chess Datebase でゲームを検索できるのを知りました。災い転じて福となす?

10/08/2007

300戦

日本の Yahoo! Chess で300回対局しました。

Yahoo! チェスでの成績(hitsujyun)


8月27日に200戦経過した時点のレーティングは1266

今日のレーティングは1335


200戦から300戦は比較的早く到達しましたが、それほど大きな上達はないように思えます。

そのときの状況で自分よりも低いレーティングの人に負けるときもあれば、自分よりレーティングが高い人に勝つこともあります。普段は大抵、自分と同じぐらいのレーティングの人とやることが多いです。


自分で持ち時間を設定する場合、「10分 1手ごとに10秒追加」でやることが多いです。

自分は考えるのが長いので、時間切れが多いのですが、時間切れによる勝敗結果はあまり気にしません。

時間切れで負けても自分の方が優勢だったら満足ですし、時間切れで勝っても相手が優勢だったら相手を讃えたいです。

プロだったら時間による勝敗も重要かもしれませんが、個人で楽しんでいるレベルですから時間切れに追い込んで相手を負けさせるような行為は避けたいと思います(以前したこともありますが 汗)。

ようは良い内容のゲームをしたいということです。


相手と駒が同等で最後まで接戦のゲームは面白いです。

以前でしたら、負けがわかってもしつこくやり続けましたが、今は明らかに負けがわかったら途中で Resigh (投了)することが多いです。相手がどうチェックメイトに持っていくか見ることもありますが・・・

ミスをおかして負けるときは、同じようなミスを起こさないように気をつければいいのですが、負けるゲームというのは相手が差す手は良くて、自分は良い手が見あたらず、これは駄目だな・・・というときは負けます。


はまると何時間でもやってしまうので、長時間やりすぎに気をつけ(汗)、日々チェスを楽しんでいきたいです^^

9/27/2007

GAME 16

GAME 16

Arnold Denker vs Aron Nimzowitsch (1926)


チェス入門さんのスコアボードで記譜を作りました。


ニムゾ・インディアンディフェンス

カッコイイ名前ですね。まだオープニングの本で勉強してないですが、自分でもそのディフェンスが使えるようになるといいな~

UNDERSTANDING CHESS MOVE BY MOVE

「UNDERSTANDING CHESS MOVE BY MOVE」John Nunn (洋書)


の本をアマゾンで購入しました。

全30ゲームを1手づつ解説しているので勉強になります。


チェスの本に出てくるゲームなどで、「この手はどんな意味があるのだろう?」と思う時があるので、そういった手の意味を知ることができて面白そうです。

1手づつの解説でも別手順の解説があるため、本だけ読んで理解するのは難しいので実際に駒を動かす必要があります。内容的に初心者向きではありません。

9/22/2007

GAME 15

GAME 15

Arnold Denker vs Mikhail Botvinnik (1945) The Golden Age of Radio


25... Qf5

で白が resigns(投了) ですが、その後どうなるんでしょう?

Kh3 Qxc4

・・・

Toggle computer analysis でその後の手順を調べてみましたが、すぐには決まらないようです。

9/19/2007

ビショップの展開


白初手 e4

ビショップとクイーンの斜めラインが開かれることに意識がいきますが、自分が攻められることを考えると、白クイーンは右斜めからビショップの攻撃される可能性が出ました。




白初手 d4

同様に考えると、白キングは左斜めからビショップの攻撃をされる可能性がでます。



何故こんなことを書くかというと、オープニングはたいてい定石を使い、相手の駒の動き次第で指していましたが、これからは定石を使うなかでも、キングとクイーンと f ファイルのポーンがどちらから攻撃されるかということと、逆に自分の方はどちらのビショップで相手のキングとクイーンと f ファイルのポーンを攻撃できるかを考えながら指してみたいと思います。

それというのも今までゲームをしてきて相手のビショップが「こっちから攻撃してくるな」とはっきりした意識がなく、なんとなく頭の中でモヤモヤした感じがしました。


ひとつの思いつきなので役に立つかわかりませんが、しばらく試してみて役に立つようだったらまた日記に書きたいと思います。



追伸:この記事を書きながらチェスボードを見て今気づきましたが、開始位置では、キングと f ポーンは同色のマス目なので同色の相手ビショップに攻撃をされます。クイーンも同様のことがいえます。

それゆえ、自分がビショップを展開するときもそのことを頭に入れておこうと思います。

9/15/2007

Toggle computer analysis

自分の負けたゲームを振り返り、どのようにすればよかったかわかると改善につながると思います。

ICCでは自分のゲームを自動(今月のゲームのみ?)で保存してくれるので、そのゲームを振り返ることができるだけでなく「 Toggle computer analysis 」により、コンピューターが各場面の次手を表示してくれるので勉強になります。

コンピューターに頼り過ぎると、思考がコンピューター的になりそうですが、試せるものはどんどん試してみたいです。


また、Examination Mode 画面の 白いナイトのアイコン「 Toggle Setup Postition 」を使えば、お好みに駒を配置できて、その状況での「 Toggle computer analysis 」によるコンピューターの思考がわかります。勝てそうだったけどいい手が指せずに負けてしまった・・・ そんな時にどう指せばよかったかもわかりますね。

有効に役立てたいですがあまりコンピューターに頼り過ぎないようにします。

9/14/2007

GAME 14

GAME 14

George Rotlewi vs Akiba Rubinstein (1907) Rubinstein's Immortal


黒の攻めが美しいです。

キングサイドにキャスリングした相手に対して、このゲームでいえば g4 の位置にナイトがくると有効みたいですね。

9/13/2007

Whicih is a better combination between Q N and Q B?

HOW TO REASSESS YOUR CHESS より引用

In general, a Queen and Knight is a better combination of pieces than a Queen and Bishop. This is because the Queen already has the powers of a Bishop but the Knight is something completely new and tends to complement the Queen nicely.



一般的にはクイーンとナイトのコンビの方が、クイーンとビショップのコンビよりも良いようです。
状況によるのでしょうが、なるべく自分が QN で相手が QB のコンビニなるように覚えておこうと思います。


本の中でそのことを教えてくれるときのゲームです。

David N Gliksman vs Jeremy Silman (1988)

9/12/2007

Seemingly 一見したところ



一見したところ取れそうもない駒がとれたりします。




Bxa6

黒は b7 のポーンで白ビショップを取ると、白のルークに黒ビショップを取られてしまい、形成が大きく不利になります。

これからは安全に取れる駒だけでなく、一見取れそうもないけど取れる駒も見つけられるようになりたいです。

9/09/2007

Polish Opening


1. b4

CHESS MASTER の携帯版で時々コンピュータが使うオープニングです。マイナーなオープニングのようです。





1...  e6

白:コンピューター
黒:私


B4 のポーンを f8 のビショップでねらいをかけます。





2. Bb2 Bxb4

3. Bg7+!


(;゚Д゚) ・・・・・



見事に相手の術中にはまった感じです。
人は1度痛い目に遭わないとわかりません。




さらにこの後

3...  Nf6

4. Bxh8 d5

5. Nf3 Kd7

6. Ne5 Kd6

7. Nf7!


なすすべ無しです(T▽T)


Polish Opening で検索してみたら下記のサイトが見つかりました(英語サイト)

Sokolsky Opening - Wikipedia, the free encyclopedia


また、1.b4 e6 に続く手順として ICC の Examination mode で手順を追ったところ

2.Bb2 Nf6 3.b5 a6 4.e3 Bc5 5.bxa6 Nxa6 6.Nf3 O-O 7.Be2 Nb4 8.O-O d5 9.d4 Bd6 10.a3 Nc6 11.c4 b5 12.cxb5 Ne7 13.a4 c6

でした。

チェスボードの図を表示させたい




以前から記事に図を表示させたいと思っていました。
いろんな方のホームページを見ましたが、なかなか図の表示のさせ方がわかりませんでした。

PGN というものがどうやら関係あるようなのですが、いまいちよくわかりません。

最終的には、 「 LT-PGN-VIEWER 3.4 」のサイトを利用して、この記事の最初にある図を表示させることができました。


手間がかかりますが、ご参考までにやり方を記載します。


1.「 LT-PGN-VIEWER 3.4 」のサイトを訪れる(英語サイトです)。


2.画面左側の方で「drag & drop 」にチェックを入れる。続いて「 allow recording 」のところもチェックを入れます。

  これで駒をドラッグして動かせるようになります。


3.自分が作りたい駒の配置にします。
 
  「 Setup Board 」をクリックすると以下の機能が使えるようになります。

  copy  ドラッグした駒と同じ駒を配置できる。

  move  自由に駒をドラッグして動かせる。

  delete 消したい駒を削除する。

  ちなみに rotate borad にチェックをいれると白黒上下入れ替わります。


4.駒を配置したら今度はパソコンのキーボードボタンのひとつ「 Print Scrn 」を押します。これで画像(画面)がクリップボードにコピーされました。


5.「 Microsoft Office 」に搭載されている画像処理ソフト「 Picture Manager 」を機動します(無い方すみません、他の画像処理ソフトでもできるかもしれません?)。

  4.の状態からここで、「 Picture Manager 」の画面上で右クリックから貼り付けをします。

  すると画像(画面)が表示されます。


6.後は画像の編集から、トリミングで余計な部分をカットして、サイズ変更、画像圧縮します。

  この記事の図は
  
  サイズ変更 80%に縮小。
  画像圧縮  Web ページ

  です。

  画面左上の「ファイル(F)」から「名前を付けて保存(A)」で私はデスクトップにまず保存して、そこから記事の方へアップロードしてます。


少し手間がかかりますが、これで記事に図が表示できるなら便利です。

ご参考になりましたら幸いです。

  
  

9/05/2007

詰めの甘さ

Chess on Yahoo! Games でゲームをしていて

自分 RRNBB
相手 RRB

この状況で逆転されました。悔しいというか自分の詰めの甘さと、相手の方が上手かったです。

終盤でよく自分のルークとビショップやナイトがくっついた状態になりキングやクイーンに取られるということがあります。

アメリカの Yahoo! Chess だと記譜を残せないようなので、負けたゲームの勉強ができないのが残念です。

9/01/2007

世界中の人々と

チェスは世界中の国々に普及しています。

いろんな国の人々とチェスをするのが、チェスを始めたころのあこがれでした。

インターネットのおかげでそれが今実現しています。

今日はオーストラリアの13歳の人と対戦しました。

私の英語はつたないですが、普段海外の人とチャットする機会なんてないですから、面白いですしうれしです。

英語の上達にもつながってくれるといいな~

アメリカの Yahoo Chess

パソコンの性能が低くてアメリカの Yahoo Chess はできなかったのですが、最近 DELL の新しいノートパソコンを買ったので、アメリカの Yahoo Chess をできるようになりました。

日本の Yahoo Chess はまだ参加者が少ないですが、アメリカの Yahoo Chess では何千人もの参加者がいるので対局者がいなくて困ることはないでしょう。


アメリカの Yahoo Chess に関して


日本と同様にまずは Yahoo ID のアカウント作成が必要です(日本のIDとは別に)。


4つのエリアがあります。

 「 Social 」 コミュニティグループの エリア。詳細は今のところ不明。

 「 Beginner 」初心者のエリア。

 「 Intermediate 」中級者のエリア。

 「 Advanced 」上級者のエリア。


 各エリアには room があり、各 room の参加人数がわかります。


TABLE を離れるときは「 EXIT TABLE 」を1回クリックすると席をたった状態になり、もう1回クリックすると room の画面にもどります。画面右上角の「×」を押してしまうと回線が切断され面倒です。


room から退室するときは「 EXIT ROOM 」のボタンをクリックする。ブラウザの右上角の「×」を押してしまうと回線切断になり面倒です。


「 wooden board 」「 tornament board 」 2種類のボードが選べます。


「QUICKPLAY」 をクリックするとランダムですぐにゲームが始められます(誰もいない room に飛ばされるときあり 汗)。「 PREFERENCES 」で自分より強い人や弱い人を選べます。


「 PREFERENCES 」 各種設定を決められる。「 Disable chat 」にチェックを入れるとチャットを無効状態にするみたいですが・・・?



初め自分の Rating 表示のところが Pro になっているので「えっ! プロじゃないよ!」とあせりましたが、これは「Provisional 仮の、一時的な、暫定の 」という意味でした^^;


ご参考になれば幸いです。また、より詳しい方のコメントをいただけたらうれしいです^^

8/29/2007

チェス洋書のための英単語・熟語

チェスの洋書を読むための参考になれば幸いです。
不適当な訳があるかもしれませんがご容赦ください。

accomplish  遂行する
according to  ~によれば、~に従って
accurately 正確に、正しく、綿密に
adapt  適応させる、順応させる、順応する
adequate  十分な、適当な
adjacent  近接した
aid  助ける、手伝う
adjust  調整する、~に順応する
alternative  二者択一
annotation  注釈
anticipate  予想する、先じて
apply  当てはまる、適用する
approve  賛成する、~をよく思う
argue  議論する
aside from  ~の他に、~に加えて
aspect  側面、局面
assault  攻撃、急襲
assessment  評価、査定、見積もり
assume  仮定する、想定する、よそおう、~のふりをする
assumption  想定、前提
astonish  非常に驚く、びっくりさせる
attain  達成する
at first glance  一見したところ
at least  少なくとも
attempt  試みる
attract  引きつける、魅惑する
awkward  厄介な、扱いにくい
backfire  逆効果、期待はずれ、裏目(にでる)
bear  運ぶ、実を結ぶ、耐える
besides  その上、さらに
breakdown  (箇条書きにした)分析結果、概要
by no means  決して~ではない
candidate moves  候補手
catastrophe  (突然の)大変動、大被害
combine  結合する
compensation  報酬、代償
come up  見つけ出す
come up with  圧倒する、追いつく
concerned  関係している
concrete  具体的な
consequence  結果、重要性
context  前後関係、(事柄の)背景、文脈
convince  確信させる、納得させる
commit   (自陣の)形を決める (訳文:チェス用語小辞典より)
composer  作者
compel  ~を強いる、無理に~させる
conquer  得る、征服する
consensus  世論、一致した意見
contribute  貢献する、提供する
contributory  一因となる
cramp  拘束する、束縛する
critical  きわどい、危ない
crucial  決定的な、重大な
crush  圧倒する
crushing  決定的な、圧倒的な
current  今の、現時の
decisive  決定的な
decline  丁寧に断る
deduce  推定する
defeat  敗北、(敵を)負かす
delay  遅らせる
delight  大喜びする
demolition  破壊
denote  意味する
depress  気を落とさせる
deprive  (権力、地位などを)奪う
derive from  (~から)派生する
describe  述べる、書き表す、描写する
desperately  必死になって
despite  ~にもかかわらず
determine  決心する
develop  展開する
deviate  (方向、進路、基準などから)それる・外れる
devise  工夫する、考え出す
devote  ささげる
diminish  減らす、減少する
dismiss  捨てる、忘れてしまう
dislodge  (元の場所から)無理に移す、追い出す
disrupt  混乱させる
distinguish  区別する、見分ける
distrust  信用しない、疑う、不信、疑念
disturb  邪魔をする、気をそらす、妨げる
dogma  教義、定説
dominate  支配する、優勢な位置をしめる
drawback  欠点、不利
due to  ~のために、~の原因で
dull  鈍い、(話などが)退屈な、味気ない
eliminate  除く、排除する
emphasize  強調する
embarrass  まごつかせる、困らせる
enable  ~できるようにする、可能にする
encounter  遭遇する、出会う
endeavor  努力、試み、努める
enhance  機能強化された
entail  (労力、出費などを)負わせる
entire  全体の、完全な
estimate  評価する、見積もりをする
equilibrium  均衡
evolve  展開させる、発展させる
examine  研究する
exploit  (チャンスを)有効に使う、生かす
extra  駒得・手得を意味する。たとえば an extra pawn とあれば、単に「P1個得」の意味である。(訳文:チェス用語小辞典より)
extremely  極めて、非常に
fascinate  魅了する
fascination  魅了されること
fatal  運命を決める、致命的な
favorable  有利な
figure out  ~だとわかる、計算して合計をだす
flank  (1)翼。中央以外の、a ~ c、f ~ h ファイルのこと。wing も同義。(2)側面からの (訳文:チェス用語小辞典より)
footnote  付随的なもの、重要でないもの、脚注、補足説明
forfeit  没収する、失う
for instance  例えば
fulfillment  実現、成就、達成
further  ~を促進する、さらに遠くに
glance  ひと目、ちらっと見る
glory  栄光、名誉
go over  見直す、復習する
hand to hand  接近して
harass  執拗に攻撃する
harm's way  危険な状況にあって
hence  それゆえに
heyday  盛り、絶頂、最盛期
hindsight  後知恵、後になっての判断
hostile  敵の
i.e.  すなわち
inadequately  不完全に、不十分に
indeed  実際に、本当に
initiating  始める
inspiration  霊感、何かをやろうという気持ちを起こさせる力
in spite of  ~にもかかわらず
instructive  教訓的な、ためになる
insult  侮辱する、損傷
intention  意図
interpretation  解釈、通訳
invention  発明、創案
involve  ~を含む、巻き込む
kicking すごい、いかす
launch  始める、開始する
majority  数的優勢。盤上のある部分(Kサイド、Qサイド、時にはセンター)で相手よりPの数が多いこと。(訳文:チェス用語小辞典より)
manoeuvre  作戦行動、策略
meantime  その間に
meanwhile  その間に
menace  脅迫
merely  単に、ただ
mighty  強力な、強大な
minority  数的劣勢。盤上のある部分(Kサイド、Qサイド、時にはセンター)で相手よりPの数が少ないこと。(訳文:チェス用語小辞典より)
mobility  可動性、駒の動きやすさ。(訳文:チェス用語小辞典より)
mock  あざける、まねる、あざむく
modify  変更する・される、修正する・される
monarch  君主
motif  主題、テーマ
nasty  厄介、扱いにくい
nature  性質、本質
naturally  当然
neglecting  おろそかにしている
neverthless  それでも
note  ~に気をつける、~を注意する
obtain  獲得する
obvious  明らかな
odd  変わった、奇妙な
on a roll  幸運・成功・勝ちが続いて
optimum  最適の
order  順序、階級
ought to  ~すべきである
out of turn  順番を狂わせて
outpost  拠点、前進基地。敵陣5、6、7段目で、味方のPが利いていて敵のPは利いていない枡。(訳文:チェス用語小辞典より)
overall  全般的に、全面的に
overwhelming  圧倒的な
paradox  逆説、矛盾
passive  消極的な
penetrate  侵入する、突き抜ける、(真相などを)見抜く
penetrating  貫通する
perspective  大局観、総合的な見方
phase  局面、段階
potentially  潜在的な
possess  ~を所有する
possibility  可能性、将来性
postpone  延期する
prejudice  偏見
premature  時期尚早の
precede  先立つ、先行する
precisely  正確に、全くその通り、はっきり言うが、そもそも
proper  適切な、正しい
provocative  挑発的な
provoke  刺激する
prudent  注意深い、用心深い、慎重な
punish  罰する
pursue  追う、続行する
radical  急進的な
rarely  めったに~しない
rather  むしろ、平均以上に、必要以上に、いくぶん、多少
realize  実感する、~に気が付く、自覚する
reckon  計算する、判断する
reference  参照、参考資料・文献、言及、証明書、保証書
refuse  拒絶する
refutation  反論、反証の事実
refute  間違いを証明する
region  部分、地域、地方
reinforce  強化する、援軍を送る
rely  頼る、あてにする
relegating 格下げする、追いやる
relevant  妥当な、適切な、関係がある
remarkable  注目に値する
remarkably 際立って 
reply  返事をする、答える
respective  それぞれの、各自の
reputation  評判、世評
restrain  制する、抑止する
restore  戻す、修復する、再構築する
resume  再び始める、~を取り戻す
retain  ~を保つ、保有する、維持する
retreat  後退、退却する
reveal to  ~を示す、(隠れていたものを)現す
revolve  展開する、回転する、循環する
row  横列
ruin  破壊する
sake  ため
scheme  計画、案、たくらみ
seek  探し求める
seemingly  一見したところ
seize  つかむ、奪い取る
self-evident  自明の
serious  堅い
setup  配置
severely  厳しく、ひどく
simultaneously  同時に
snare  罠で捕らえる
so as to  ~するために、~となるように
sober  地味な
somewhat  いくらか
sort  種類
so that  ~できるように
sound  理にかなった、しっかりとした、堅実な
spring  はねる、飛ぶ
stare  じっと見つめる
static  動きのない、固定した、静的な
storm  強襲する
strive  努力する、競う、戦う
struggle  もがき、あがき、奮闘する
stubborn  頑固な
submit  屈服する、屈服させる、提出する、提案する
subtle  微妙な
suffer  こらえる、我慢する
suffer from  こうむる
sufficient  十分な
summary  概要、要約
supreme  最高の、最大の( super の最上級 )
take place  起こる、行われる
thereby  それによって
therefore  それゆえに
threatening  脅迫的な、悪いことが起こりそうな
thrust  押す、突き
thus  それゆえ
trade off  交換する
ugly  醜い
undermine  土台を壊す
undertake  着手する
upset  ひっくりかえす・かえる
up to  ~次第で
utilize  利用する
valid  妥当な、効果的な
vague  あいまいな、ぼんやりした
variations  変化
vast  膨大な
via  ~経由で
vulnerable  攻撃されやすい、弱い
whereas  ところが、~だから
work out  (問題が)解ける
yield  もたらす

時間切れ

形成有利でいい感じのときに「白(黒)の勝ち」と表示され、相手が投了したのかと思ったら自分の負け??

何でかな~? とよく見てみれば、何のことはない時間切れです。

考えるのに気をとらわれ過ぎて、時間のことを忘れてしまい負けてしまうことが時々あります。


もともと早指しは苦手で考えるのが長いので、以前は時間無制限にしていましたが、自分以上に長考の方も時々いますので、最近は15分の時間制限でやることが多いです。

時間を設定しておいて、時間を忘れてしまうのはしょうもないです(汗)


自分が有利なゲームを時間切れで負けてしまうのは悔しいです。

8/26/2007

200戦

Yahoo! チェスの対戦回数が200回を越えました。

100回の時と比べると、実力が上がったと思います。

レーティングは一時1450ぐらいまで行きましたが、今の時点では1266です。

闇雲に対戦するよりも、1日2回ぐらい集中しながら対戦して、あとは本などで勉強する方がいいみたいです。でも、はまると無闇に対戦して抜け出せなくなるんだよな~(汗)


300回の時はどんなふうになっているか楽しみです^^

GAME 13

GAME 13

Fyodor Ivanovich Dus Chotimirsky vs Frank James Marshall (1910)


20. h4!!

クイーンを差し出してポーンを進める。驚くとともに勉強になりました。

クイーンとキングが直線上に並んだ時はスキュア(串刺し)できないか考えるようにします。

8/23/2007

ライブ中継

先ほど ICC でGM や IM の対局のライブ中継を初めて見ました。

早指し対戦のようで次々と駒が動き、すごかったです。

ライブ中継の実感があって良かったです。

8/06/2007

ICC Dasher について

ICC (Internet Chess Club ) でこのところよくゲームをするようになりました。

ICC に関してはゲームをやるぐらいしかわからなかったので、少し調べてみました。

自分で駒を自由に動かしてゲームの研究をできる「 Enter Examination Mode 」や各レーティングのコンピュータと早指し対戦ができたりと、いろいろわかりました。

ご参考になれば幸いです。


ICC Dasher(ゲームをするためのブラウザ) に関する情報


上段のツールバーにある各項目を一部説明します(私も詳しくはないですが)。


Login

ICC に接続します。回線が切断 ( Disconnect ) された状態で、もう一度接続したいときなどに使用。


Edit

Undo : ひとつ前の操作に戻す。

Cut, Copy, Paste : きりとり、コピー、貼り付け。文章作成に利用したいとき。

Settings : かなり細かく設定をすることができます(慣れるまでは特にいじる必要なし?)。


View

My Messages : メッセージを見ることができます。

My Games : 過去の対戦結果を見ることができます。

My Performance : グラフで自分のレーティング推移を見ることができる。

My profile : 自分のプロフィールを見れる。

My Ranking : ランキングに入っていれば表示されるようです?

My Channels : グループがいろいろあります。 77:Japanese が日本人のチャンネルのようです(日本人とは限らない?)。


Action ( Login してないと表示されません )

Seek Game : 各種設定をしてOKすると、自動で対戦相手が見つかりゲームスタート。

Challenge Opponent : 名前と設定をして、対戦を申し込めます。

Enter Examination Mode : 自分でゲームの研究をしたいときに使いましょう。
 Toggle Setup Position(ナイトのアイコン) : お好みで駒を配置できます。
 Save To Game Library: Game Library にデータを保存できます。
 Toggle Computer Analysis Window : 次手はどんな手が指されるか、下段に%表示されます。
 Toggle Kibitz Window : ゲーム途中で解説を入れたいときに使用?
 Flip Board : 白黒の配置をチェンジ。

Practice and Improve: チェスプロブレムを解いて勉強したり、各レーティングのコンピューターと対戦できます。早指しが苦手な私は普段早指しをやりませんが、コンピューターと早指しの練習ができるのはいいですね。

New Message : 特定の人にメッセージを送ることができます。

Edit Finger Notes : プロフィールを作成できます。

Resume Game : 中段されたゲームを再開するときに使う?

Request Adjudication : ゲームの勝敗についてわからないことがあるとき、対戦相手に質問する?

Report Abuse : 不平・不満があるときに報告する。



ICC に関するリンクです。

ICC (Internet Chess Club) - Iwano's Chess Page

ICC - チェスにはまってしまった人のためのサイト

8/03/2007

Diagram #53

Diagram #53

Jeremy Silman vs K Czerniecki (1979)


「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本に出てくるゲームです。

感想は後日・・・

8/01/2007

The Life and Games of MIKHAIL TAL

「The Life and Games of MIKHAIL TAL」

の本を購入しました。


「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」のおすすめチェス本を見て欲しくなったからです。

One of the best ways to learn about chess is to study the lives and games of the masters.


TAL さんの棋譜を見て勉強だー!


このブログのサイドバー最上段にある、「The Life and Games of Mikhail Tal」より、本の中に出てくる100ゲームの棋譜が見られます。

そこにはないけど、本に出てくるゲームを紹介したいと思います。

座標式と記述式

棋譜 - Wikipedia より引用

チェスの棋譜の記し方には、座標式 (algebraic chess notation) と記述式 (descriptive notation) とがある。両者は、主に移動先の升(ます)をどう表記するかが異なる。1981年に国際チェス連盟が座標式を採用したので、競技会でも書籍でも現在は座標式が主流になっている。ただし、1980年台までは記述式で書かれた書籍も出版されている。

どちらの方式でも、白と黒がそれぞれ駒を動かして1手と数える。すなわち、チェスの1手は将棋や囲碁の2手に相当する。



最近購入した3冊の本
「art of attack in chess」 Vladimir Vukovic
「THE ART OF CHESS COMBINATION」 ZNOSKO - BOROVSKY
「THE ART OF THE MIDDLE GAME」 Paul Keres and Alexander Kotov

の内、「THE ART OF CHESS COMBINATION」と「THE ART OF THE MIDDLE GAME」は記述式で書かれているので、

1. P-K4  P-K4

と書かれていても??? です。

ちなみにこれは座標式で表すと

1. e4 e5

で、これならすぐわかりますよね?


Wikipedia で調べればわかるだろうと思いましたが、その通りでした。
Wikipedia 便利ですね!

7/31/2007

GAME 12

GAME 12


Max Euwe vs Salomon Flohr (1932)


感想はまた後日掲載いたします。

7/23/2007

GAME 11

GAME 11

Arthur Bisguier vs Bent Larsen (1965)


短いゲームはわかりやすくて好きです。ですが、ポーンを上手く前へ進めるタイミングが難しいです。最後の詰めも簡単なようでいて、私にとっては難しいです。16... Bf6 の次でチェックメイトかなと思いきや、KxBf8 ですね。エンドゲームの力をつけなければ・・・

7/22/2007

ナイトの知識を深める

ナイトに関しては今まで、「フォークをかける、かけられないようにする。」 「駒やマス目を守る」といった感じでした。

ナイトによるフォークの形(6種類)
の記事です。

このところは 「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本で次の知識を得ました。

1.ナイトを効果的に使うためには他の駒の守りが必要。
2.Closed position (ポーン同士で身動きできなくなった状態)で非常に役立つ。
3.Passed powns (相手ポーンを通過してきたポーン)をブロックする。
4.エンドゲームにおいて、ナイトとポーンのコンビは、ビショップとポーンのコンビよりも大抵の場合優っている。


ですが、本日のメインはここからです!

ナイトに関する知識

1.次は違う色のマス目へ移動する。
2.次は8箇所へ移動可能
3.ひとつのマス目には8箇所からそのマス目へ移動して来られる。


9マスにおいて

例として d5 を中心とした9マスに限定して考えます。

1.d5 から回りの8マスへは1手では移動できない。
2.d5 と同色のマス目なら、2手で移動可能(例 Nd5 → f4 → e6)。
3.d5 と違う色のマス目なら、3手で移動可能。

2、3より

4.d5 と同色のマス目に1手で攻撃可能、1手でそのマス目の守りが可能。
5.d5 と違う色のマス目に2手で攻撃可能、2手でそのマス目の守りが可能。


25マスにおいて

d5 を中心とした25マスに限定して考えます。

前後左右 4箇所のマス目(b5,d3,d7,f5)
1.d5 より2手で移動可能。
2.d5 より1手で攻撃可能、1手でそのマス目の守りが可能。

斜め4箇所(b3,b7,f3,f7)
1.d5 より4手で移動可能。
2.d5 より3手で攻撃可能、そのマス目の守りが可能。
→これより、ナイトから1マス空いた斜め地点は、このナイトからの攻撃を受けにくい。


2手で行ける範囲

d5 から2手で行ける範囲を示しました(d5 と同じ白マスに注目)。

かなり広範囲で始めビックリするかも知れません。
d5 から2手でその地点に行けると共に、1手でその地点に攻撃が可能です。


以上より
ナイトと違う色のマス目に対しては1手で8箇所に移動可能・攻撃可能・守り可能。
ナイトと同色のマス目に対しては、2手で多数の場所に移動可能・攻撃可能・守り可能。


いつもながら「チェス入門」さんのフリーボードを使用させていただきました。

7/20/2007

K VS K N B のエンディング

「 PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE」 BRUCE PANDOLFINI

に出てくる問題 ENDGAME 17

本に表示されている図はこれ #1でしたが、解答を見ておかしいなと気づき、駒の配置記号を見たら本当はこの図 #2でした。図が間違っていたんですね。

それに気づかず始め #1 の問題をやっていましたが、難しい・・・わかりませんでした。すぐに解答を見たくなかったので、「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」の本で「キング 対 キング + ナイト +ビショップ の場合」で勉強したところ、#1 の問題が解けるようになりました。


「キング 対 キング + ナイト +ビショップ 」の場合

1.最後のチェックメイトの形を覚える。

  #1 ではこの図または#2 ではこの図からビショップを動かしてチェックメイトです。特にキングとナイトの位置関係を覚えてください。

2.キング、ナイト、ビショップでキングの行動範囲を制限させて、ビショップと同じ色のマス目の角に相手キングを追い込む。


駒の配置は変わってもこれを知っておけば応用が効くとおもいます。

チャレンジしてみてください^^


#1 と #2 の解答はコメント欄にあります。

7/19/2007

2ビショップのエンディング

K B B vs K


ビショップ2つとキングで、キングをチェックメイトするのは結構難しいです。

答えを見て、なおかつ駒を動かして、やっとわかりました。

解答はコメント欄です。


2つのビショップでキングの追いつめ方

「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」より引用

2つのビショップで、まず相手のキングの行動範囲をおさえる。
味方キングの力で敵キングをチェスボードの端に強制移動させる。
敵キングがチェスボードの一辺から逃げられなくなったら、チェックの連発で角に追い込み、チェックメイトにもっていく。


角に追い込むのを覚えておきましょう^^

7/18/2007

Diagram #48

Diagram #48

Paul Keres vs Alexander Konstantinopolsky (1948)


「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本に出てくるゲームです。

本だけ見ても別の手順解説などを理解しづらいので、この棋譜を「CHESS MASTER 携帯ゲーム版」で保存して、実際に駒を動かして勉強しようと思います。すぐに前の手順に戻れたり、解説にある別手順を試したりできるので便利です。


このゲームは黒のクイーンがあっちにこっちに飛び交い、最後までどちらが勝つんだろう? と楽しめました^^

7/15/2007

マグネットボード

「 PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE」 BRUCE PANDOLFINI

で ENDGAME を勉強していると前回書きましたが、問題の中には頭の中だけでは解けないものがあるので、マグネット式のミニチェスボードを使うようにしました。

手順が長くなると実際に駒を動かさないとわかりません。白黒合わせて5手ぐらいはわかりますが、7手になるときついです。

ここでいう白黒合わせて5手とは

1. 白 黒
2. 白 黒
3. 白 mate

です。

今日は以下の問題をやりましたが、わかりませんでした。
解答はコメント欄へ記載します。

白先手です。

「チェス入門」さんのフリーボードを利用させていただいてますが、実際に駒をドラッグして動かすことができますので、問題にチャレンジしてみてください^^

7/14/2007

Ending

Opening とくればやはり Ending です。

とくに Ending で相手を攻めきれず負けてしまったりもするので、今は下記の洋書で少しずつ勉強してます。


「 PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE」 BRUCE PANDOLFINI

この洋書とてもおすすめです。1ページ1問で見やすく大変ためになる内容です。次の本と合わせて購入しました。


「Just the Facts!」 GM Lev Alburt & GM Nikolay Kyogius

こちらは上級向けなので前記の本を読んでから、読もうと思っています。

Winning Chess Openings

「 Winning Chess Openings 」 Yasser Seirawan

を読み始めました。

以前に「 HOW TO REASSESS YOUR CHESS 」と一緒に買ったのですが、 HOW TO の本を読み終わってから読もうと思っていたのですが、早く読みたい気持ちに負けました。

まだ、読み始めたばかりですが、面白いですしためになります。この本を買ったときは英文を読むのが大変そうに感じましたが、「 HOW TO REASSESS YOUR CHESS 」を読んでいるうちに英文に慣れてきて、今ではわからない単語は赤線だけ引いてビシバシ飛ばし(笑)、知りたい単語だけ調べて読んでいますが、それだけでもある程度内容がわかりますしだんだんとチェスの洋書を読むのが楽しくなって来ました。

始めの方のページは、Yasser Seirawan さんがチェスを始めたころの棋譜と解説があり、初心者ならではの失敗などがあり、面白く共感がもてます。

その中のゲームのひとつですが、印象的でしたので「チェス入門」さんスコアボードを利用させていただき、再現しました。

Yasser Seirawan VS Known Experienced Player

7/13/2007

GAME 10

GAME 10


感想はまた後日掲載いたします。

7/12/2007

ポーンの攻防

ポーン同士の攻防、ほとんど実際のゲームの中で考えてばかりなので、自分で対策を考えてみることにしました。

ポーンに関する本を1冊読めばいいのでしょうが、自分で考えるのも面白いものです。


※「チェス入門」さんのフリーボードを使用させていただきました。
※見やすいように駒の配置を中央にしました。


各シチュエーションにおいて、以下のように考えてみてください。

1.白ポーンが黒ポーンを通りこす(パスポーン)ための手順は?
2.白先手の場合、黒先手の場合は?
3.駒を動かすと不利になる場合は、あえて駒を動かさないこともありえます。

一見パスポーンが不可能に思えても、粘り強く考えれば思わぬ手が見つかりますので頑張ってください!


またポーンの動きとしては

ひとつ前進
ふたつ前進(可能な場合のみ)
相手のポーンを取る。
相手にポーンを取らせる。
相手にポーンを取られる。
相手ポーンの前進を止める。
アンパッサンをする(可能な場合のみ)


予想以上にシチュエーションが多くなりました。重複しているものがあるかもしれません、ご了承ください。


2対1

シチュエーション1







2対2

シチュエーション1








10


3対2

シチュエーション1








10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36



3対3

シチュエーション1








10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35

7/11/2007

Diagram #43

Diagram #43

Mikhail Botvinnik vs Ilia Abramovich Kan (1939)


「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本にでてくるゲームです。

Go over this example many times until you get a feel for the system of organized thought expounded.



- 私訳 -
解説を見てこの例を何度も反復しなさい、あなたがそのシステム(組織化された思考)の感覚をつかむまで。


- エキサイト翻訳 -
系統立った思想のシステムの感じを述べさせるまでこの例を何回も調べてください。


コンピューターの翻訳も100%じゃないでしょうが、だいたいの意味はわかります。私の訳もアバウトです^^


実際にこのゲームで駒を動かして、復習したいと思います。

7/10/2007

プロモーション

エンディングでポーンをプロモーションさせた時は快感です!

逆に相手にやられた時はガックリ・・・

まだまだ私の知識は浅いのですが、プロモーションについて初心者の人には役立つであろう?知識を紹介。


以下の Daiagram ( 図 )の時、どうやってポーンをプロモーションさせますか?

Diagram ( 図 )


白先手なら、Rc8 (白のルークを c8 へ進める)。 h8 のルークでこれをとっても、bxc8 ( b7 のポーンで c8 のルークを取る)でプロモーションできます。


対戦相手にやられないよう気をつけましょう^^;

2007年7月10日

昨日、今日とレーティング1600台の人と対局しました。やはり強いですね!

今はまだかないませんが、大変勉強になりました。


そうそう、サイドバーにチェス本に関するサイトのリンクを掲載しました。日本語サイトと英語サイト両方です。レビューや感想、コメントなどを見ていると楽しいですし、だんだんいろんな本が欲しくなってきます。

7/07/2007

序盤のビショップとナイト

このところ負ける時は、序盤でビショップとナイトのコンビネーションで攻め込まれることが多いです。


1. e4 e5
2. Bc4

ときてどう指すか・・・

2. ... Nf6

自分だったらそのように指さないと思います。定石だったらそのまま覚えればいいのかなぁ?

一手一手、意味を理解しながら指したいのだけれど・・・

とりあえずは、良く負けるシチュエーションのゲームを見て、どんな手を指すか見たいと思います。

Opening 勉強しなきゃだめかなぁ?

Gata Kamsky vs Artur Yusupov (1993)



1. e4 e5
2. Nf3 Nc6
3. Bc4

ときて

3. ... Nf6

Emil Anka vs Xu Hanbing (2001)



1. d4 d5
2. c4

ときて

2. ... c6

Heinrich Lohmann vs Siegel (1949)

7/04/2007

黒初手

1. e4 に続く手としては

c5 e5 e6 c6 d6 g6 Nf6 d5 Nc6

が多いです(Nc6 は c6 のポーンのため表示できませんでした)。


1. d4 に続く手としては

Nf6 d5 e6 f5 d6 g6 c5

が多いです。


1. Nf3 に続く手としては

Nf6 d5 c5 g6 f5 d6 e6

が多いです。


1. c4 に続く手としては

Nf6 e5 e6 c5 c6 f5

が多いです。


1. g3 に続く手としては

d5 g6 e5 Nf6 c5

が多いです。


1. f4 に続く手としては

d5 e5 Nf6 c5 g6

が多いです。


1. b3 に続く手としては

e5 d5 Nf6 c5

が多いです。

オープニングの研究

オープニングに関しては、「Winning Chess Openings」の本を読んで勉強しようと思っていますが、今読んでいる「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」を読み終わってからにするつもりです。

なので、今は独自の考えで少しオープニングについて考えてみたいと思います。


chessgames.com に Chee Opening Explorer というのがあって、今までに行われたゲームをオープニングから探せます(有料)。どんな手順が多いのかわかり大変便利です。

今回はこの Chee Opening Explorer とチェス入門さんのフリーボードを利用させていただき、オープニングについて考えてみたいと思います。


いろんな手順があるのですが、全部の手順を考えるのは大変なので、その手順が非常に多いものに限定したいと思います。


まずは初手(左から多い順です)。

e4 d4 Nf3 c4 g3 f4 b3


上記の手を全部指した図なので奇妙ですが、初手はこの手が多いです。


上記 白初手に続く黒初手を別記事で紹介いたします。黒初手は白初手に対しそれぞれですが、黒初手で多いのは、c5 d5 Nf6 e5 g6 e6 などです。 

GAME 9

GAME 9

Mikhail Botvinnik vs Rudolf Spielmann (1935)

チェックメイトまで短いです。黒のクイーンが追いつめられて勝負ありのようです。


こちらは一緒に紹介されていたゲームで、クイーンのサクリファイにより勝敗が決定します。

Richard Reti vs Savielly Tartakower (1910) "Sucker Punch"

プロ同士でもすぐに勝敗が決まるときがあるのですね。

サクリファイが成功して勝った時って気持ちいいです!

Diagram 33

「HOW TO REASSESS YOUR CHESS - JEREMY SILMAN」の本で、「CALCULATION」のところに出てくるゲームです。

Diagram 33

Richard Reti vs Alexander Alekhine (1925) "Roughin' Reti"


40 以降の手は

41. Re3 Nxf3

42. Rxf3 Bd5

最後はルークとナイトにフォークがかかって終わりです。

Ending が非常に複雑で目まぐるしいです ◎◎;

チェスの発展

Yahoo! Japan の無料ゲームで他のゲームの参加人数を見てみました(今日)。

将棋 2274人
囲碁 1816人
麻雀 2867人

そしてチェスは・・・


57人!

そんなにチェスは日本でマイナーなのかなぁ?

確かにきっかけがなければやる機会がないかもしれません。日本は将棋人気が根強いですから。

私の場合は実際に今、チェスにはまっていて面白いですから、もっと日本でもチェスが盛んに行われるようになることを願います。

チェスを題材にした少年マンガなどあれば、少年時代からチェスになれ親しんでよいかと思いますが。

面白いのにな~

7/03/2007

クイーンによるステールメイト



「この形でステールメイトになるんだなぁ」と思いました。覚えていて損はないです。

7/02/2007

GAME 8

Robert James Fischer vs Bent Larsen (1971)


私が生まれた年の対局、何か運命を感じる・・・?^^


13. Ba3

「キャスリングをさせないビショップの働き」 勉強になりました。


キングの動きがさすがですね。自分だったらすぐに追いつめられています(笑)

最後はビショップ2つの威力を思い知らされました。

相手が指すまでの間

相手が次の手を指すまでの間、何を考えていますか?

制限時間がある場合は特に、相手が次の手を指すまでの時間も有効に使いたいです。


相手が次の手を指すまで


今までの私

相手が次の手を指してから考える。

相手に指されて困るところはないか見る。

自分の次の手を考える。


などが主でした。


他に考えられることは

白黒ともに浮き駒(守りが効いていない)はないか。

白黒ともに役に立っていない駒はないか。

クイーンサイド( a ~ d )、キングサイド( e ~ h )で白黒の相違点を見る。

白黒ともにフォークをかけられそうなところはないか。


など。今の私ではこんなところです。

6/29/2007

今日の大ポカ

私が黒

1. d4 c5

白が dxc5 ときたら、d5 の手はどうだろう? と思いましたが・・・

2. dxc5 d5

3. cxd6

・・・

アンパッサン!


失敗は成功の元・・・


こんなオープニングはないのかといいますと

Old Benoni

1. d4 c5

Old Benoni Defense

1. d4 c5 2. d5 e5

ありました~♪ (chessgames.com)


アンパッサンされている棋譜はさすがにありませんでした(汗)

Diagram #27

Jeremy Silman vs Charles Van Buskirk (1989)

私が今読んでいる本「HOW TO REASSESS YOUR CHESS - JEREMY SILMAN」の中に出てくる問題に使用されている棋譜です。

この本の著者の JEREMY SILMAN さんと Charles Van Buskirk さん対局です。

本を読んで、頭の中だけで理解するのは難しいため、普段はマグネット式の小さいチェスボードで実際に駒を動かして、勉強しています。


さらに上記の棋譜を見ながら本で勉強するとより効果的な感じがしたので、棋譜を探してきました。

今日はもう眠いのでまた後日、本と棋譜を見て勉強します。

エキスパートに初勝利

携帯ゲーム版「CHESS MASTER」のエキスパートレベルで初勝利しました。棋譜はこちら(チェス入門さんのサイトのスコアボードを利用させていただいてます)。


記念に棋譜を記録しました^^


このところ毎日のように携帯やインターネットでチェスをしているので、日々の積み重ねで少しずつ上達しているようです。

上級レベルのコンピューター対戦では、負けることが圧倒的に多いのですが、負ける中で「あのオープニングは失敗した」とか、「CHESS MASTER」の中にある名勝負のクラシックゲームを見たりして、駒の動きを真似したりしてます。

今現在、オープニングをいろいろ試しながら、考えていることは


相手が次にどんな手を指してくるか

自分の一手の後、相手がどうするだろうか

ポーンによる中央支配

セブンスランクのルークを作る

などです。


これから学ぶことは尽きないです^^;

6/27/2007

GAME 7

GAME 7

Ludwig Rellstab vs Gideon Stahlberg (1937)


チェス盤の中央を押さえると、相手の駒の助きを制約して有利になります。


「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」より引用

6/26/2007

GAME 6

GMAME 6

Emanuel Lasker vs Vasja Pirc (1935)


黒が投了してからどのようにチェックメイトするのかわかりません(TT)

Nc3 が d5 に行って・・・???

6/23/2007

チェスのホームページ

はてなアンテナ - Chess::Antenna - 国内(Japan)


国内(Japan)、国内クラブ・団体(Clubs)、海外(World) 、掲示板(国内)

などのホームページの更新状況がRSSなどで見られてとても便利です。

ICC

海外でのインターネット対戦を求めて「ICC」の会員になりました(有料)。

ですが使い方がいまいちわかりません。

基礎知識として下記のサイトで勉強させていただきました。

ICCの基礎知識 - チェスにはまってしまった人のためのサイト


何回か対戦しましたが、持ち時間が短いのでいつも時間切れで負けてしまします(涙)

GAME 5

GAME 5

Savielly Tartakower vs Carl Schlechter (1909) "Saucy Tart"

白のサクリファイが凄いです。ビショップがあっちからこっちから飛んできて驚きます。


Tart は名前だと思いますが、

Saucy とは、英辞郎 on the web によると

【形-1】 不作法な、無礼な、ずうずうしい、生意気な、なれなれしい
【形-2】 気の利いた、粋な
【形-3】 元気の良い


・・・


どの意味だかよくわかりません(T▽T)

6/22/2007

GAME 4

GAME 4

Siegbert Tarrasch vs Georg Marco (1892)


無駄のない動きといいましょうか。とても真似できませんが勉強になります。

嬉しかったこと

ほぼ毎日、携帯ゲームの「Chess Master」でコンピューター相手に対戦しているのですが、コンピューターのレベルが上級になってからずっと勝てずにいました。

ですが、今日やっと勝つことができ大変嬉しかったです。50対戦以上負け続けていましたから・・・

初手 e4 や d4 では勝つことができませんでしたが、初手 c4 で勝つことができました。

白で勝ったので、今度は黒で勝ったら次の「エキスパート」のレベルへ進みます。今度はどれだけ負け続けるのだろうか・・・(汗)

6/21/2007

GAME 3

GAME 3

Wilhelm Steinitz vs Curt von Bardeleben (1895) "The Battle of Hastings"

解説がでてきますが、投了からは11手でチェックメイトできるそうです。そこまで読めるところがさすがプロですね。

チェス用語集

チェスを始めてしばらくすると、チェスの洋書を読みたくなります。

チェスに関する用語がいろいろありますので、用語集(Glossary)をあらかじめ読んでおくとためになるとともに翻訳に役立ちます。


下記のチェス用語集がとても参考になりました。

チェスと英語 - チェスにはまってしまった人のためのサイト

チェス用語 - チェスのノートとブックマーク

Chess Glossary - Logical Chess


ちなみに、「Strategy と Tactics って何だろう?」と思い、以前辞書で調べたときはどちらも戦術とか戦略といった意味が書かれていて、いまいちよくわかりませんでしたが、今読んでいる「How to Reassess Your Chess - JEREMY SILMAN」にある用語集の解説がなかなか良かったので以下に引用させていただきます。

Starategy The foundation of a player's moves. The way to achieve a particular plan. See plan.

Tactics Traps, threats, and schemes based on the calculation of variations; at times rather long-winded. A position with many combinative motifs present is considered tactical.

Plan A short or long range goal on which a player bases his moves.

6/20/2007

GAME 2

GAME 2

Edwin Ziegler Adams vs Carlos Torre-Repetto (1920) "Take my wife. Please!"


"Take my wife. Please!" というのが笑えます。クイーンがちょっとかわいそう(TT)

6/19/2007

GAME 1

私が読んだ2冊目の本「ジャック・ピノーのダイナミックチェス入門」の後半部分に、「定跡・選抜20ゲーム」があります。

本に解説がありとても勉強になるのですが、駒を動かしながらこの解説を読んだ方がよりわかり易いため、そのゲームの棋譜を探してきました。


GAME 1

Paul Morphy vs Duke Karl / Count Isouard (1858)

6/18/2007

ステールメイト

劣勢で勝つことができなくても、ステイルメイトにすることができないだろうか?


ということで、今回のテーマはステイルメイトです。


今のところ日本のサイトでステイルメイトに関する良い情報が得られませんでしたので、英語サイトを記載します。

Stalemate - Wikipedia

Jack O'Keefe: Stalemate!


英語なので学ぶにしても時間がかかります(私の場合)。

上手い人のゲームを見る

時には上手い人達のゲームを実際に見て学ぶのも良いでしょう。

Yahoo! Chess ではゲームを公開している場合、見学者として他人の対戦を見ることができます。

人のゲームを見る時はあまり時間をかけたくないので、短い持ち時間でなおかつレーティングの高い方々のゲームを見るようにしてます。


次はこの手かな?・・・などと自分でも考えると面白いです。

引き分けのゲームに学ぶ

引き分けにはどのような形があるのだろう?


実際のゲームから5ゲームほど探してみました(chessgames.com より)。


City of Alkmaar vs City of Winkel (1852)

白:K R B P P P
黒:K R B P P P

※K:キング R:ルーク B:ビショップ P:ポーン

同じ駒数での引き分け。



Philipp Meitner vs James Mason (1882)

白:K R B
黒:K R

これでも引き分けなんですね。白はビショップひとつになったら、チェックメイトできませんからね。



Nicholas MacLeod vs Joseph Henry Blackburne (1889)

白:K R P P
黒:K R P P

う~ん、白のポーンがクイーンに昇格して白が勝ちそうな気がしますが・・・ 



James Moore Hanham vs Jean Taubenhaus (1889)

これもまたよくわかりません。お互いにかなり駒が残っていますが・・・なんで引き分けなんだろ?



William Henry Kraus Pollock vs Jackson W Showalter (1893)

白:K N N P
黒:K N P P

これもちょっとわかりずらいです。


たった5ゲームの引き分けでしたが、いろんな形がありますね。きりがなさそうなので今日はこのあたりで終わりです。

6/17/2007

2007年6月17日

Yahoo! Chess で今日はねばりました。

途中、ルークかナイトひとつ分優勢だったのですが逆転され、追い込まれ後は上手く逃げる練習みたいな感じだったのですが、最後はお互いにキングとクイーンだけになり、相手の方が引き分けを申し入れてきたので、引き分けになりました。

引き分けは2回目ですが、お互いにキングとクイーンだけになっての引き分けもあるんだなと、勉強になりました。

自分のミスで簡単にメジャーピース(クイーン&ルーク)やマイナーピース(ナイト&ビショップ)をとられるとヤル気が落ちますが、できるだけ投げやりにならずにベストを尽くし、絶対に勝てない状況に至っては、逃げる練習やステールメイト、引き分けに持ち込めないかねばりたいです。

6/11/2007

定石の研究 その2

前回からの続きです。



1. e4 e5
2. Nf3 Nf6
3. Bc4


この後どうなるかというと

3... Nc6 の手が多いです。


また、こちらの場合


1.e4 e5
2.Nf3 Nc6
3.Bc4


3... Nf6 
3... Bc5

と指すようです。


定石をたくさん覚えるのは大変なので、多く指される手順を学び、後は失敗した時の手順対策を考えたいです。

定石を覚える

オープニングで私がよくなる場面


1. e4 e5
2. Nf3 Nf6


または

1.e4 e5
2.Nf3 Nc6


この後どう指すかというと、大抵 Bc4 とします。これで上手く行くこともあ

れば、攻め込まれて崩されるということもあります。なので、この後よく指

される手をいくつか覚えようと思います。

chessgames.comの Chess Opening Explorer で調べられます(有料)。


まずは、この後

1. e4 e5
2. Nf3 Nf6

3. Nxe5
3. Nc3
3. d4
3. Bc4 ・・・今のところほとんどこれ。
3. d3


もうひとつの場合

1.e4 e5
2.Nf3 Nc6

3.Bb5
3.Bc4
3.d4
3.Nc3


・・・定石を覚えるのって大変ですね。

次回また範囲をしぼってその後の手順を調べます。

6/05/2007

2007年6月5日 1勝1敗

今日は1勝1敗

特に始めのゲームは、すぐにナイトを取られて失敗しました。
相手の方が驚いたかもしれません(汗)

私が白手

1. e2-e4 e7-e5
2. g1-f3 d7-d6
3. f1-c4 a7-a6
4. f3-g5 

4. ... d8xg5

う~ん、ボケっとしてるな~。

このような大ぽかが多いので、それを記録していくことで、同じ失敗をしないようにしたいです。


もうひとつは長時間のゲームでした。最後は自分がK(キング)R(ルーク)P(ポーン)、相手がK Rとなり、始めてYahoo! Chess でオポジションを実践する場面となり、勉強になりました。

最後は自分が、K Q(クイーン)、相手がK となり勝利しましたが、もし自分がK R、相手がKになったらチェックメイトできただろうかと思いました。

「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」で調べてみたところ、自分がK R、相手がKでもチェックメイト可能でした。

そのやり方を忘れていたので、実際にその場面になっていたら、チェックメイトできなかったかもしれません。


復習をかねて、チェックメイト可能な状況を記します。

自分K P  相手 K → ※駒の配置による。
自分K Q  相手 K
自分K R  相手 K
自分KBB  相手 K
自分KBN  相手 K → ※このケースはかなり難しいようです。

6/02/2007

負けたゲームの研究

中盤で駒をとられたり、ミスをしたりして負ける・・・というようなこともありますが、強い相手だとオープニングでこちらの弱点をつかれ、あっという間に形勢不利、もう勝てない、というようなこともしばしばあります(TT)

ならば、そのオープニングで負けた棋譜を覚えて、またそのような手で負けないようにするのと、今度は自分がその手をつかるようにしようという目的で、負けたゲームの研究というか記録を残そうと思いました。

他人のゲームに学ぶことも大事ですが、自分がしたゲームの方が覚えやすいはず。


チェス入門」 さんのサイトにある、「フリーボード」は駒の手順を記録でき、記録されたURLからその駒の手順を見ることができますので、私の負けたゲームの研究に利用させていだだこうと思っています。

Yahoo!ゲーム - 無料ゲーム - チェス

Yahoo!ゲーム - 無料ゲーム - チェス

※Yahoo! Japan のIDが必要です。


インターネットで対戦でき、便利で面白いです。

レーティングでその人の強さがわかります。今はなるべく同じぐらいのレーティングの人とやることが多いですが、レーティングに関係なく誰とでも対戦したいです。

私の場合早指しが苦手なので、時間制限なしでやるようにしてます。時間制限があるのを知らず負けた対戦もあります(始め何で負けたかわかりませんでした^^;

駒を取られて「もう負けだな」と思っても、「ステールメイトにできないか」とか「キングの逃がし方」、「相手がどうやってチェックメイトしてくるか」などのため、しぶとく最後までやります。相手の人には嫌がられるかもしれませんが・・・


対戦した棋譜をメールで送れるので、これからは負けた対戦、特に序盤で攻め込まれた棋譜を振り返り、今度はその手でやられないようにしたり、自分がその手を使えるようにしたいです。

オープニング

オープニングにはどんな種類があるのか。まずはそれを知るために

Aqua's Chess Laboratory - あくあのチェス研究室 さんのサイトで知った「 ECO Chess Opening Codes 」をプリントアウトして、コンピューターとゲームをする時に、いろいろと定石を試しています。


まだまだ勉強不足です。

2冊目の本

「ジャック・ピノーの ダイナミックチェス入門」


「ボビー・フィッシャーのチェス入門」と同時に購入したのですがダイナミックチェス入門の方が初心者にとっては難しそうだったので、こちらを後に読みましたが正解でした。

オープニングについての基礎知識を得られました。

白手主体で型を作っていくもの(「~オープニング」の名がつくものが多い)

黒手主体に研究されたもの(「~ディフェンス」の名がつくものが多い)


他にもいろいろと役立つ知識が得られ、購入して良かったです。


最後にある「アンパッサンの謎」というミステリー劇場、シャーロックホームズとワトソン博士による謎解きが面白いですよ。

次の手を考える

次の手を決めるとき、どのようなことを考えるのでしょうか?


まだまだ自分は知識が浅く、これからいろいろと勉強をしていかねばなりません。

限られた時間の中で少しずつ、楽しみながら学んでいければと思います。

Openings
Endings
Strategies(戦略?)
Tactics(戦術・戦法?)

など、学ぶたいことは沢山あっても順番にやっていくしかありません。


今の時点で、次の手を考えるときに思うことを挙げておきます。いつもこれを全部考えるわけではありませんが・・・

アドバイスがございましたら、よろしくお願いいたしします。


Opening

・今は定石をいろいろ試している段階です。自分が白側のときに使った定石を、相手が白側のときに同じ定石を使った場合、どう攻めてくるか見てます。


Attack

・守りがきいてない駒は。
・クイーン、ルーク、ビショップの通り道をふさがないか。
・弱い部分はどこか。
・フォーク(2つ以上の駒を同時に攻撃してどちらかを取るねらい)できないか。


Defense

・相手のねらいは何か。
・攻撃を受けた駒の対応。
・クイーン、ルーク、ビショップ、ナイトの移動可能範囲をみる。
・ポーンの動きをみる。
・指されたら困るポイントはあるか(守りがきいてないところなど)。
・フォークされないか。

CHESS MASTER

CHESS MASTER という有名なチェスゲームがあります。パソコン用のソフト(英語版)なのですが、私がやっているのは携帯電話のダウンロード版です。

コンピューター、かなり強いです! なかなか勝てません。

対戦相手のレベルで、サル、子供、初心者、初級、準中級、中級、上級、エキスパート、名人があり、私は今上級でプレイしています。

白と黒の両方で対戦して、勝ったら次のレベルへ進むようにしています。

負ける時のパターンとして、ナイトに駒を取られて・・・ということがが多いです。



「コンピューターの思考はどうなっているのだろう?」

「どうやって次の手を決めるのだろう?」

それがわかれば自分にも生かせるよう気がして調べてみました。下記のページが参考になりました。

コンピュータチェス - Wikipedia


序盤、中盤、終盤のコンピューターの思考法はわかりましたが、自分も同じように・・・というわけにはいきません。

2回目のチェス

私がチェスを教わったバーで、2回目のチェスをやりました。

この時は「ボビーフィッシャーのチェス入門」を読み終わっていたので、本を読んでどのぐらいの成果があるか楽しみでした。

結果としては、バーのマスターが私と親友相手に同時に2つのチェスボードで対局し、私は初めて勝利しました。オープニングの知識はほとんどゼロでしたので、はやくオープニングの知識を学びたいと思いました。

チェスとの出会い

2006年12月、あるバーのマスターからチェスのやり方を教わり、私はチェスを始めるようになりました。

チェスの駒の動かし方やキャスリングを教わり、バーのマスターと店員の方と対局しましたが、もちろん負けました。

これがきっかけとなり、まずは amazon.co.jp で「ボビーフィッシャーのチェス入門」を購入し、勉強しました。この本は主にチェスのエンディングに焦点を絞った内容で、チェックメイトのやり方や、守り方などが学べ、チェスの面白さがよく伝わって来る本で、初めて読むチェスの本としてはおすすめです。ですが、購入する場合は中古になってしまうようです。