12/29/2010

お気に入りの言葉 其の三十二

Removing the Guard
The principle underlying this theme is the very essence of chess logic. If Piece A guards Piece B, attack Piece A and you win one or the other.

1001 Winning Chess Sacrifices and Combinations
Fred Reinfeld

守りを取り除く
このテーマの基本原理は、チェスの論理において非常に重要である。
ピースA が ピースB を守っている場合、ピースAを攻撃すればどちらかのピースを得るだろう。


白先手。「どう取るか?」が問題です。結果として私は正解でしたが、かなり考えさせられました(汗)

自爆


17.b3 の場面(私が白)。 b3 で a2 のビショップを閉じこめたつもりが・・・ 17...Ba3 でチェックメイト。
注意力が足りません T T

購入して良かった

「チェス魔法の戦術」読み終わりました。知っている Tactics が多いかなと思っていましたが、知ってためになったものが結構あったので、購入して良かったです。

Bxf7+ and Ne5+ 戦術
アウトローサクリファイス
Qg5 ←→ Qf6 千日手
ツバメ返し
クイーンを狙う Bc7 戦術

など特にためになりました。

巻末の実力テストでは54問中 43問正解、不正解のものは全くわからなかったというのは少なく、読みが足りないというものが多かったです。


読むのを中断していた Chess Training Pocket Book(2回目) にまた戻ります。

12/26/2010

Threefold repetition

同一局面が3回生じるときに引き分けにできる Threefold repetition(同形三復)。今まで同一手順の繰り返しで、3回 同一局面が生じた場合にドローになると思っていたのですが、同一手順の繰り返しでなくとも、3回 同一局面が生じた場合、ドローにできるということを認識しました。

そういえば、同一手順の繰り返しではないのに、コンピューターの判断でドローになり「あれ?」ということが今までに何回かありました。

ネット対戦などではコンピューターが判断してドローになるようですが、OTB では自分の手番のときに指摘しなければならないので、より注意が必要ですね。


片方のプレイヤーのルーク(またはナイト)が2つある場合、例えば a1 と f1 にあるルークでは
Ra1 → Rc1 → Ra1
Rf1 → Rc1 → Rf1
というようなことが考えられますが

どちらのルークが動いたかは関係なく、同一局面が3回生じるならばドローにできる。


また、アンパッサン、キャスリングできる局面の場合、その局面は同一局面のひとつには入らない、ということのようです。

チェスにおける千日手 - Wikipedia
Threefold repetition - Wikipedia

12/25/2010

今年を振り返って

チェスを始めてから4年近く経ち、今年は一番多くチェスに時間をかけられたと思います。生活環境が変わるようなことがなければ、来年もこの調子でやっていきたいです。

今年は Tactics の能力を高めるのが課題でしたが、問題数をそれほどこなしていないため、大きな進歩はなかったです。

一部のオープニングのみ手順を紙に記載していたものを、自分が使う・遭遇するオープニングについては一通り、紙に手順をまとめたのが、ひとつの進歩だったと思います。

何となく手順を進めるのではなく、自分が使う手順を決め、改善を加えていくようになりました。しばらく使っていないオープニングはすぐに忘れてしまうのが困りもの。

エンドゲームは、ipod touch を購入し、Fundamental Chess Endings で地道に勉強するようになりました。

ミドルゲームについてはいずれ The Middlegame で勉強予定なものの(相当先 笑)、それまでは move by move 本、ゲーム集を先に読んでおきたいと思ってます。

ネットのゲームでは、Yahoo! Japan の Chess が無くなったため(一時復活したけど)、今では ICC, Chess Corner, Chess.com にて行ってます。ゲームをして経験を積むことも大事ですが、本を読んで勉強する必要性を強く感じます。


皆さんはどのような1年だったでしょうか。
良い年をお迎えください^^

12/14/2010

やっと正解


by J.Buchwald

白先手 2手でチェックメイト
黒の受手を全て考えましょう。

Bishop's Gambit


1.e4 e5 2.f4 exf4 3.Bc4 King's Gambit の Bishop's Gambit

今まで 3.Nf3 ばかりで 3.Bc4 は使ったことがなく、相手もほとんど使ってこなかったため、対策をしていませんでした。最近、相手が 3.Bc4 を使ってきたときに負け、対策を取るべく The Fascinating King's Gambit の本を購入しました。

この本は Bishop's Gambit と King's Gambit Declined の内容で、3.Nf3 の手順はありません。なかなか良い内容で、購入して良かったです。始めは黒番での対策をと思っていたのですが、せっかくなので(?)白番で 3.Bc4 を使うようにしました^^;

Introduction と Things to keep in mind のところを読み、大まかな手順を紙にまとめ、早速 3.Bc4 をゲームで使い始めました。

ゲームをして、本を読んで、手順を覚えていくようにしてます。

12/12/2010

間違えやすい


間違えやすいと思った場面、白先手( 参考書 Fundamental Chess Endings )。
1.Ke5 としても白は b3 でテンポを得られるので問題なさそうですが
1...Ke7 2.b3 Kd7 3.Kd5 Kc7 4.Ke5 Kd7 などでドローになります※

白が勝つためには 1.Kf6! Kd6 2.b3 Kd7 3.Kf7 Kd6 4.Ke8! Ke5 5.Kd7 Kd4 6.Kc6 Kc3 7.Kxb6 Kxb3 8.Kb5 Ka3 9.Kxa5 

ちなみに黒キングが d7 ではなく d6 にあって白先手であればドローになります。
例 1.Kf6 Kd7 2.Kf7 Kd6 3.Ke8 Ke5 4.Kd7 Kd4 5.Kc6 Kxc4 6.Kxb6 Kb4 7.b3 Kxb3 8.Kxc5 Kxa4 9.Kc4 Ka3 10.Kc3 Ka2 11.Kc2 a4 12.Kc1 Ka1 13.Kc2 a3 14.Kc1 a2




同じく間違えそうな場面、黒先手( ※ の途中で現れる場面 )。

1...d7 とすると、2.d5 とオポジションを取られるので負けそうですが
2...Kc7 3.Ke6 Kc6 4.Ke5 Kd7 でドローになります。

気をつけねばならないのは、1...Kc6 では白が勝つということです。

12/09/2010

1...Nc6!

1.d4 d5 2.c4 Nc6 の Chigorin Defence を使うようになったため、Nc6 を序盤早々に使うオープニングに興味が湧いたのと、1.c4 や 1.Nf3 に 1...Nc6 が使えないだろうか? ということから

"play 1...Nc6! by Christoph Wisnewski" の洋書を購入しました。

以下4つのパートがあります。

1.e4 Nc6 Nimzowitsch Defence
1.d4 d5 2.c4 Nc6 Chigorin Defence
1.c4 Nc6
1.Nf3 Nc6(このパートは数ページ)


1.e4 に対しては、1...e5 1...e6 を使っているので、1.e4 Nc6 は使ってみたいですが、とりあえずやめておきます。

1.c4 Nc6 1.Nf3 Nc6 は使っていくことに決めました。

読み比べ

「チェス魔法の戦術」まだ読んでいる途中ですが、戦術名が英文では何と言うのだろう? と気になるものがいくつかあったため、原著 CHESS TACTICS FOR KIDS を購入しました(ちょっと迷ったけど 笑)。

「ツバメ返し」というのが特に知りたかったのですが、原著を見たところ 
An 'Elastic Band' Trap となっていました。原著と訳本を読み比べるのも面白いです。

相手のナイトが動いて、またそのナイトが戻ってきて駒損するというようなアレです(分かり辛いですね・・・)。最近は気をつけるようにしているのですが、ときどきやられます。


elastic band (英)ゴムバンド、輪ゴム  (米)rubber band

お気に入りの言葉 其の三十一


"Many players defend themselves by endeavouring to exchange all the attacker's aggressive pieces. Such a formula can easily lead to defeat. As a rule, one should aim to exchange those pieces which are essential to the execution of the attacker's mating threats, while on the other hand one should preserve those of one's own pieces which are carrying out an important defensive function."
The Art of Attack in Chess
Vladimir Vukovic


訳してみました。

多くのプレイヤーが、相手の活動的な駒を交換してしまうことで、守ろうとするが、そのような常套手段は容易に敗北へとつながる。一般に、攻撃側がメイトするのに欠かせない駒を交換するようにした方が良い。それに対して、重要な防御の役割をする自分側の駒はとっておいた方が良い。

お気に入りの言葉 其の三十

"Bishop Takes Bee Five."

CHESS TACTICS FOR KIDS 
Murray Chandler


本にはかわいらしい絵があります。