7/31/2007

GAME 12

GAME 12


Max Euwe vs Salomon Flohr (1932)


感想はまた後日掲載いたします。

7/23/2007

GAME 11

GAME 11

Arthur Bisguier vs Bent Larsen (1965)


短いゲームはわかりやすくて好きです。ですが、ポーンを上手く前へ進めるタイミングが難しいです。最後の詰めも簡単なようでいて、私にとっては難しいです。16... Bf6 の次でチェックメイトかなと思いきや、KxBf8 ですね。エンドゲームの力をつけなければ・・・

7/22/2007

ナイトの知識を深める

ナイトに関しては今まで、「フォークをかける、かけられないようにする。」 「駒やマス目を守る」といった感じでした。

ナイトによるフォークの形(6種類)
の記事です。

このところは 「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本で次の知識を得ました。

1.ナイトを効果的に使うためには他の駒の守りが必要。
2.Closed position (ポーン同士で身動きできなくなった状態)で非常に役立つ。
3.Passed powns (相手ポーンを通過してきたポーン)をブロックする。
4.エンドゲームにおいて、ナイトとポーンのコンビは、ビショップとポーンのコンビよりも大抵の場合優っている。


ですが、本日のメインはここからです!

ナイトに関する知識

1.次は違う色のマス目へ移動する。
2.次は8箇所へ移動可能
3.ひとつのマス目には8箇所からそのマス目へ移動して来られる。


9マスにおいて

例として d5 を中心とした9マスに限定して考えます。

1.d5 から回りの8マスへは1手では移動できない。
2.d5 と同色のマス目なら、2手で移動可能(例 Nd5 → f4 → e6)。
3.d5 と違う色のマス目なら、3手で移動可能。

2、3より

4.d5 と同色のマス目に1手で攻撃可能、1手でそのマス目の守りが可能。
5.d5 と違う色のマス目に2手で攻撃可能、2手でそのマス目の守りが可能。


25マスにおいて

d5 を中心とした25マスに限定して考えます。

前後左右 4箇所のマス目(b5,d3,d7,f5)
1.d5 より2手で移動可能。
2.d5 より1手で攻撃可能、1手でそのマス目の守りが可能。

斜め4箇所(b3,b7,f3,f7)
1.d5 より4手で移動可能。
2.d5 より3手で攻撃可能、そのマス目の守りが可能。
→これより、ナイトから1マス空いた斜め地点は、このナイトからの攻撃を受けにくい。


2手で行ける範囲

d5 から2手で行ける範囲を示しました(d5 と同じ白マスに注目)。

かなり広範囲で始めビックリするかも知れません。
d5 から2手でその地点に行けると共に、1手でその地点に攻撃が可能です。


以上より
ナイトと違う色のマス目に対しては1手で8箇所に移動可能・攻撃可能・守り可能。
ナイトと同色のマス目に対しては、2手で多数の場所に移動可能・攻撃可能・守り可能。


いつもながら「チェス入門」さんのフリーボードを使用させていただきました。

7/20/2007

K VS K N B のエンディング

「 PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE」 BRUCE PANDOLFINI

に出てくる問題 ENDGAME 17

本に表示されている図はこれ #1でしたが、解答を見ておかしいなと気づき、駒の配置記号を見たら本当はこの図 #2でした。図が間違っていたんですね。

それに気づかず始め #1 の問題をやっていましたが、難しい・・・わかりませんでした。すぐに解答を見たくなかったので、「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」の本で「キング 対 キング + ナイト +ビショップ の場合」で勉強したところ、#1 の問題が解けるようになりました。


「キング 対 キング + ナイト +ビショップ 」の場合

1.最後のチェックメイトの形を覚える。

  #1 ではこの図または#2 ではこの図からビショップを動かしてチェックメイトです。特にキングとナイトの位置関係を覚えてください。

2.キング、ナイト、ビショップでキングの行動範囲を制限させて、ビショップと同じ色のマス目の角に相手キングを追い込む。


駒の配置は変わってもこれを知っておけば応用が効くとおもいます。

チャレンジしてみてください^^


#1 と #2 の解答はコメント欄にあります。

7/19/2007

2ビショップのエンディング

K B B vs K


ビショップ2つとキングで、キングをチェックメイトするのは結構難しいです。

答えを見て、なおかつ駒を動かして、やっとわかりました。

解答はコメント欄です。


2つのビショップでキングの追いつめ方

「ジャックピノーのダイナミックチェス入門」より引用

2つのビショップで、まず相手のキングの行動範囲をおさえる。
味方キングの力で敵キングをチェスボードの端に強制移動させる。
敵キングがチェスボードの一辺から逃げられなくなったら、チェックの連発で角に追い込み、チェックメイトにもっていく。


角に追い込むのを覚えておきましょう^^

7/18/2007

Diagram #48

Diagram #48

Paul Keres vs Alexander Konstantinopolsky (1948)


「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本に出てくるゲームです。

本だけ見ても別の手順解説などを理解しづらいので、この棋譜を「CHESS MASTER 携帯ゲーム版」で保存して、実際に駒を動かして勉強しようと思います。すぐに前の手順に戻れたり、解説にある別手順を試したりできるので便利です。


このゲームは黒のクイーンがあっちにこっちに飛び交い、最後までどちらが勝つんだろう? と楽しめました^^

7/15/2007

マグネットボード

「 PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE」 BRUCE PANDOLFINI

で ENDGAME を勉強していると前回書きましたが、問題の中には頭の中だけでは解けないものがあるので、マグネット式のミニチェスボードを使うようにしました。

手順が長くなると実際に駒を動かさないとわかりません。白黒合わせて5手ぐらいはわかりますが、7手になるときついです。

ここでいう白黒合わせて5手とは

1. 白 黒
2. 白 黒
3. 白 mate

です。

今日は以下の問題をやりましたが、わかりませんでした。
解答はコメント欄へ記載します。

白先手です。

「チェス入門」さんのフリーボードを利用させていただいてますが、実際に駒をドラッグして動かすことができますので、問題にチャレンジしてみてください^^

7/14/2007

Ending

Opening とくればやはり Ending です。

とくに Ending で相手を攻めきれず負けてしまったりもするので、今は下記の洋書で少しずつ勉強してます。


「 PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE」 BRUCE PANDOLFINI

この洋書とてもおすすめです。1ページ1問で見やすく大変ためになる内容です。次の本と合わせて購入しました。


「Just the Facts!」 GM Lev Alburt & GM Nikolay Kyogius

こちらは上級向けなので前記の本を読んでから、読もうと思っています。

Winning Chess Openings

「 Winning Chess Openings 」 Yasser Seirawan

を読み始めました。

以前に「 HOW TO REASSESS YOUR CHESS 」と一緒に買ったのですが、 HOW TO の本を読み終わってから読もうと思っていたのですが、早く読みたい気持ちに負けました。

まだ、読み始めたばかりですが、面白いですしためになります。この本を買ったときは英文を読むのが大変そうに感じましたが、「 HOW TO REASSESS YOUR CHESS 」を読んでいるうちに英文に慣れてきて、今ではわからない単語は赤線だけ引いてビシバシ飛ばし(笑)、知りたい単語だけ調べて読んでいますが、それだけでもある程度内容がわかりますしだんだんとチェスの洋書を読むのが楽しくなって来ました。

始めの方のページは、Yasser Seirawan さんがチェスを始めたころの棋譜と解説があり、初心者ならではの失敗などがあり、面白く共感がもてます。

その中のゲームのひとつですが、印象的でしたので「チェス入門」さんスコアボードを利用させていただき、再現しました。

Yasser Seirawan VS Known Experienced Player

7/13/2007

GAME 10

GAME 10


感想はまた後日掲載いたします。

7/12/2007

ポーンの攻防

ポーン同士の攻防、ほとんど実際のゲームの中で考えてばかりなので、自分で対策を考えてみることにしました。

ポーンに関する本を1冊読めばいいのでしょうが、自分で考えるのも面白いものです。


※「チェス入門」さんのフリーボードを使用させていただきました。
※見やすいように駒の配置を中央にしました。


各シチュエーションにおいて、以下のように考えてみてください。

1.白ポーンが黒ポーンを通りこす(パスポーン)ための手順は?
2.白先手の場合、黒先手の場合は?
3.駒を動かすと不利になる場合は、あえて駒を動かさないこともありえます。

一見パスポーンが不可能に思えても、粘り強く考えれば思わぬ手が見つかりますので頑張ってください!


またポーンの動きとしては

ひとつ前進
ふたつ前進(可能な場合のみ)
相手のポーンを取る。
相手にポーンを取らせる。
相手にポーンを取られる。
相手ポーンの前進を止める。
アンパッサンをする(可能な場合のみ)


予想以上にシチュエーションが多くなりました。重複しているものがあるかもしれません、ご了承ください。


2対1

シチュエーション1







2対2

シチュエーション1








10


3対2

シチュエーション1








10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36



3対3

シチュエーション1








10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35

7/11/2007

Diagram #43

Diagram #43

Mikhail Botvinnik vs Ilia Abramovich Kan (1939)


「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」の本にでてくるゲームです。

Go over this example many times until you get a feel for the system of organized thought expounded.



- 私訳 -
解説を見てこの例を何度も反復しなさい、あなたがそのシステム(組織化された思考)の感覚をつかむまで。


- エキサイト翻訳 -
系統立った思想のシステムの感じを述べさせるまでこの例を何回も調べてください。


コンピューターの翻訳も100%じゃないでしょうが、だいたいの意味はわかります。私の訳もアバウトです^^


実際にこのゲームで駒を動かして、復習したいと思います。

7/10/2007

プロモーション

エンディングでポーンをプロモーションさせた時は快感です!

逆に相手にやられた時はガックリ・・・

まだまだ私の知識は浅いのですが、プロモーションについて初心者の人には役立つであろう?知識を紹介。


以下の Daiagram ( 図 )の時、どうやってポーンをプロモーションさせますか?

Diagram ( 図 )


白先手なら、Rc8 (白のルークを c8 へ進める)。 h8 のルークでこれをとっても、bxc8 ( b7 のポーンで c8 のルークを取る)でプロモーションできます。


対戦相手にやられないよう気をつけましょう^^;

2007年7月10日

昨日、今日とレーティング1600台の人と対局しました。やはり強いですね!

今はまだかないませんが、大変勉強になりました。


そうそう、サイドバーにチェス本に関するサイトのリンクを掲載しました。日本語サイトと英語サイト両方です。レビューや感想、コメントなどを見ていると楽しいですし、だんだんいろんな本が欲しくなってきます。

7/07/2007

序盤のビショップとナイト

このところ負ける時は、序盤でビショップとナイトのコンビネーションで攻め込まれることが多いです。


1. e4 e5
2. Bc4

ときてどう指すか・・・

2. ... Nf6

自分だったらそのように指さないと思います。定石だったらそのまま覚えればいいのかなぁ?

一手一手、意味を理解しながら指したいのだけれど・・・

とりあえずは、良く負けるシチュエーションのゲームを見て、どんな手を指すか見たいと思います。

Opening 勉強しなきゃだめかなぁ?

Gata Kamsky vs Artur Yusupov (1993)



1. e4 e5
2. Nf3 Nc6
3. Bc4

ときて

3. ... Nf6

Emil Anka vs Xu Hanbing (2001)



1. d4 d5
2. c4

ときて

2. ... c6

Heinrich Lohmann vs Siegel (1949)

7/04/2007

黒初手

1. e4 に続く手としては

c5 e5 e6 c6 d6 g6 Nf6 d5 Nc6

が多いです(Nc6 は c6 のポーンのため表示できませんでした)。


1. d4 に続く手としては

Nf6 d5 e6 f5 d6 g6 c5

が多いです。


1. Nf3 に続く手としては

Nf6 d5 c5 g6 f5 d6 e6

が多いです。


1. c4 に続く手としては

Nf6 e5 e6 c5 c6 f5

が多いです。


1. g3 に続く手としては

d5 g6 e5 Nf6 c5

が多いです。


1. f4 に続く手としては

d5 e5 Nf6 c5 g6

が多いです。


1. b3 に続く手としては

e5 d5 Nf6 c5

が多いです。

オープニングの研究

オープニングに関しては、「Winning Chess Openings」の本を読んで勉強しようと思っていますが、今読んでいる「HOW TO REASSESS YOUR CHESS」を読み終わってからにするつもりです。

なので、今は独自の考えで少しオープニングについて考えてみたいと思います。


chessgames.com に Chee Opening Explorer というのがあって、今までに行われたゲームをオープニングから探せます(有料)。どんな手順が多いのかわかり大変便利です。

今回はこの Chee Opening Explorer とチェス入門さんのフリーボードを利用させていただき、オープニングについて考えてみたいと思います。


いろんな手順があるのですが、全部の手順を考えるのは大変なので、その手順が非常に多いものに限定したいと思います。


まずは初手(左から多い順です)。

e4 d4 Nf3 c4 g3 f4 b3


上記の手を全部指した図なので奇妙ですが、初手はこの手が多いです。


上記 白初手に続く黒初手を別記事で紹介いたします。黒初手は白初手に対しそれぞれですが、黒初手で多いのは、c5 d5 Nf6 e5 g6 e6 などです。 

GAME 9

GAME 9

Mikhail Botvinnik vs Rudolf Spielmann (1935)

チェックメイトまで短いです。黒のクイーンが追いつめられて勝負ありのようです。


こちらは一緒に紹介されていたゲームで、クイーンのサクリファイにより勝敗が決定します。

Richard Reti vs Savielly Tartakower (1910) "Sucker Punch"

プロ同士でもすぐに勝敗が決まるときがあるのですね。

サクリファイが成功して勝った時って気持ちいいです!

Diagram 33

「HOW TO REASSESS YOUR CHESS - JEREMY SILMAN」の本で、「CALCULATION」のところに出てくるゲームです。

Diagram 33

Richard Reti vs Alexander Alekhine (1925) "Roughin' Reti"


40 以降の手は

41. Re3 Nxf3

42. Rxf3 Bd5

最後はルークとナイトにフォークがかかって終わりです。

Ending が非常に複雑で目まぐるしいです ◎◎;

チェスの発展

Yahoo! Japan の無料ゲームで他のゲームの参加人数を見てみました(今日)。

将棋 2274人
囲碁 1816人
麻雀 2867人

そしてチェスは・・・


57人!

そんなにチェスは日本でマイナーなのかなぁ?

確かにきっかけがなければやる機会がないかもしれません。日本は将棋人気が根強いですから。

私の場合は実際に今、チェスにはまっていて面白いですから、もっと日本でもチェスが盛んに行われるようになることを願います。

チェスを題材にした少年マンガなどあれば、少年時代からチェスになれ親しんでよいかと思いますが。

面白いのにな~

7/03/2007

クイーンによるステールメイト



「この形でステールメイトになるんだなぁ」と思いました。覚えていて損はないです。

7/02/2007

GAME 8

Robert James Fischer vs Bent Larsen (1971)


私が生まれた年の対局、何か運命を感じる・・・?^^


13. Ba3

「キャスリングをさせないビショップの働き」 勉強になりました。


キングの動きがさすがですね。自分だったらすぐに追いつめられています(笑)

最後はビショップ2つの威力を思い知らされました。

相手が指すまでの間

相手が次の手を指すまでの間、何を考えていますか?

制限時間がある場合は特に、相手が次の手を指すまでの時間も有効に使いたいです。


相手が次の手を指すまで


今までの私

相手が次の手を指してから考える。

相手に指されて困るところはないか見る。

自分の次の手を考える。


などが主でした。


他に考えられることは

白黒ともに浮き駒(守りが効いていない)はないか。

白黒ともに役に立っていない駒はないか。

クイーンサイド( a ~ d )、キングサイド( e ~ h )で白黒の相違点を見る。

白黒ともにフォークをかけられそうなところはないか。


など。今の私ではこんなところです。