11/28/2008

2回目突入

このところ負けるときの傾向として気になるのが、中盤まで良い形で進んでいたのに攻めきれず負けることです。

オープニングは悪くない感じ?に比べ、ミドルゲーム・エンドゲームに問題ありです。

特にエンドゲームの力不足を感じたので "PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE" を2回目読み始めました。

就寝前に1~2問やる程度です。

1回目よりもはるかに問題を解くのが楽です、理解しやすいです。3回目はできなかった問題のみ解こうかと思っており、3回読み終わったら難しくて断念した "ENDGAME Strategy" の本を読む予定です。


他に2冊エンドゲームの本を日替わりで少しずつ読んでいます。

"Just The Facts!"

最初の章で難しい問題が出てきて読むのやめようかと思いましたが、ポーンエンディングの章になったら基本的なことに戻ったので読み続けられそうです。先に PANDOLFINI の本を読んでいるので理解しやすいです。


"starting out: rook endgames"

ルークの使い方に苦手意識があるため購入した本。問題数は多くないですが1問解くのに時間がかかってます。すぐに解答を見ず、ある程度自分で考えてから解答を見てます。時間はかかりますが、その方が何故自分の考えた手順は良くなかったか理解しやすいです。この本は買って正解でした。

11/25/2008

お気に入りの言葉 其の四

Don't forget Silman's Rules of Recognition: When an enemy piece is undefended and the enemy King is weak, a tactical move has a good chance of success. - Yasser Seirawan

11/23/2008

CHESS OLYMPIAD

函館チェスサークルのサイトで「2008チェス・オリンピック大会レポート」を見ました。

日本選手団の活躍が熱く伝わってきました。


コンビネーションという函館チェス教室の通信誌もいくつか見ましたがなかなか良かったです。

11/22/2008

THE CHESS STORE

Chess Sets, Chess Boards, & Chess Supplies - The Chess Store

Gmail の画面上に出てきた広告で知ったチェスショップです。

かなり商品が充実していて見ているだけでも欲しく・・・じゃなくて楽しめます。

海外では Amazon.com からチェス本を購入したことしかありませんが、1度このショップから購入してみようと思います。

11/19/2008

チェスソフトで調べる

starting out:rook endgames の本に出てくる問題のひとつです。白先手。

e1 のルークが黒キングを遮断しているので f5 とポーンを進めて白は勝てるのではないかと思っていたのですが、本では違いました。 1.f5 に関する解説が本になかったのでチェスソフトを使い調べてみました。


まずは自分で考えた手順のひとつ
1.f5 Ra4 2.f6 Ra7 3.Kf4 Ra5 4.f7 Ra8 5.Kf5 Rf8 6.Kf6 Kd7 7.Kg7(別ウィンドウで表示されます。 > をクリックすると駒が動きます。PLAYをクリックすると自動で駒が動きます)


次に CHESSMASTER 10th EDITION でコンピューターが考えた手順(1分と3分の思考時間で同じ結果でした)
1.f5 Kd7 2.Kf4 Re8 3.Rc1 Ke7 4.Rc5 Ra8 5.Ke5 Ke8 6.Rc7 Ra6

CHESSMASTER 10th で感心したことは、記譜が示されるだけではなく、英文と音声で解説があることです。
その解説「結果として 白は mobility が少し増えたことに加え ポーンの development が改善された」とのことです。


こちらは ICC Dasher に付属している Crafty で調べた手順です(思考時間約4分)
1.f5 Ra4 2.Re4 Rxe4 3.Kxe4 Ke7 4.Ke5 Kf7 5.f6 Kf8 6.Kf5 Kf7 7.Kg5 Kf8 8.Kg6 Kg8 9.Kf5(引き分けのこの手順は私も考えました)


同じく Crafty ですがこちらは思考時間約19分
1.f5 Kd7 2.Kf4 Re8 3.Rxe8 Kxe8 4.Kg5 Kf7 5.f6 Kf8 6.Kf5 Kf7 7.Ke5 Kf8 8.Ke6 Ke8 9.Kd6 Kf7 10.Ke5
結局引き分けの手順。

ICC Dasher に付属しているCrafty よりも CHESSMASTER 10th の方が優れているようです。

Fritz(持っていません)だったらどんな手順になるだろう?


長くなりましたが最後に本にあった手順です(結果として引き分け)
1.Kg4 Rg8+ 2.Kh5 Rf8 3.Kg5 Rg8+ 4.Kh6 Rf8 5.Re4 Kd5 6.Re5+ Kd6 7.Kg5 Rg8+ 8.Kf5 Rf8+ 9.Ke4 Rf7 10.f5 Re7 11.Rxe7 Kxe7 12.Ke5 Kf7 13.f6 Kf8

11/18/2008

ふと目にとまった問題


Problem by Morphy.
白先手 2手でチェックメイト

2手なら簡単・・・と思いつつわかりませんでした(汗)

解答はこちら

11/16/2008

お気に入りの言葉 其の三

"There is a lesson you should learn from Morphy's games: a great attacker never attacks without getting all his pieces out first." - Sunil Weeramantry


Louis Paulsen vs Paul Morphy (1857) "Morphy Us" - chessgames.com

11/11/2008

Interference Move

"Winning Chess Tactics" の本を少しずつ読み進めています。Tactics の基本から学べ、問題量も多過ぎず適度で、解説が多いのが気に入ってます。

6問目までの問題に全部正解したところ、7問目(下図)にて不正解となりました。



白先手

わかる人には簡単な問題なのかもしれませんが、私はわかりませんでした。
解答はコメント欄にあります。

11/09/2008

一色チェス

チェス入門 さんのサイトに「一色チェス」という変則チェスが登場しました。


つい最近「チェス17」が登場したばかりにまた新しい変則チェスが登場したことはチェスファンにとってはうれしい限りです。

一色チェスは始めルールがよくわかりませんでしたが、駒を実際に動かしてみるとだんだんわかってきます。

また後でやろ~^^


追伸:一色チェスは通常のチェスと駒の配置は同じですが、表示上は全部同じ駒になっているので、どの駒がどこに動いたかを覚えていなければなりません。それを忘れたときに負けてしまいます。

勝敗が決定されると、一色だった駒が本来の駒の形に戻って表示されます。
メデューサに石にされてしまった人が、魔法(?)が解けて元の人間に戻ったような感じがしました(個人的感覚^^)

11/08/2008

Game Collection - MARSHALL'S BEST GAMES OF CHESS

chessgames.com の Game Collection で作りました。

MARSHALL'S BEST GAMES OF CHESS

本を見ながら年代、対戦相手、手数で各ゲームを探し、全140ゲームを集めました。

途中でも駒をドラッグして動かせるので変化手順を追えます。これからは本を読みながら各ゲームを楽しみたいです。

11/05/2008

Center Fork Trick


1.e4 e5
2.Nf3 Nc6
3.Nc3 Nf6

The Four Knights opening から 4.Bc4



4... Nxe4
5.Nxe4 d5
Center Fork Trick



6.Bxd5 Qxd5

"CHESS MASTER VS CHESS AMATEUR" の本で以前に Center Fork Trick について読んだ時は黒があまり有利な状況に思えませんでしたが、今読んでいる "Best Lessons of a Chess Coach" (この本オススメです)での解説を読んでよくわかりました。

"Remember the center fork trick. It does not win material, but it does get you a better position."


黒は両方のビショプの斜めラインと、クイーンファイル(d file)が開かれるとともに、e5 のセンターポーンが key squares をコントロールし、さらに space advatage を与えています。

11/03/2008

チェス17

チェス入門 さんのサイトに「チェス17」という変則チェスが登場しました。

Chess960 または Fischer Random Chess と呼ばれる変則チェス。

以前から興味はありましたが実際にそのゲームをしたことはありませんでした。


Chess960 - Wikipedia(英語)

FISCHERANDOM CHESS: Random Position Generator


とりあえず「チェス17」をやってみましたが、見事に負けました(汗)

通常のポジションとは異なる面白さがあると思います。攻略法とかもあるのだろうな。


"Play Stronger Chess by Examining Chess960" という本があったので、amazon.com で早速注文しました。